折伏活動

御講の後に折伏活動に出た。
主に創価学会員を回っているが
「創価学会を回らずに他に入ってはどうか」とよく言われる。
もちろん他も行っているが創価学会も折伏しなければならない謗法宗教であることに変わりはない。

しかるに創価学会には、もう大聖人様の精神はない。
なんとなれば回ってきた法華講員を折伏する気持ちは全くなく話もせず、資料も受け取らない。
折伏を放棄しているのだ。それで大聖人様の教えを広宣流布している団体だと言っているが、それは言えないはなしである。

創価学会員の言うことには
「真心で建てた正本堂を壊した」という話がある。
御供養させて頂いたものをどのようにしようがとやかく言うものではない。そのような変てこな御供養の精神を教えられているのを暴露しているようなものだ。誠に気の毒である。
もちろん創価学会2代戸田会長も正しい御供養の精神を述べられた資料が残っている。

「御隠尊様が邪義をかまえた」というが・・・
どこが邪義なのかを言えるものはいない。日蓮正宗は、昔のまともな創価学会の時代と教義は何も変わるものはない。
むしろ変わり果てたのは創価学会の方である。
その最たるものが根本である御戒壇様の否定である。 謗法のところにあるいうがどこが謗法なのかも指摘できないし、本門戒壇の大御本尊様を大聖人様と拝せていない。
大聖人様の居られるところが謗法の山とはいったいどういうことだろう?

破門にされた御隠尊様を悪く言うのも宗教者として間違いである。そのような憎しみを植え付けるような宗教が正法とは言い難い。

すべてが狂っているのであるが洗脳の恐ろしさで気が付かないのである。
コツコツとやっていけば、やがてわかってくるものも出ると思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *