指導会から

指導会から1日が過ぎた。
仕事に追われるため日日はあっという間に過ぎてしまう。
毎日が折伏の日と心掛けなければ今年は実質あと1ヶ月ない。
昨近の災難は立正安国論に照らして邪法、悪法の禍である。
折伏は、難を免れるためにも現時において重要な修行です。
誓願達成に向けて命がけの信心をとの指導があった。
又プライドが高いと折伏ができないことがあり、そんな時はを
プライドを捨て土下座をしてでもという覚悟を持つべきとのお話もあった。
それによって、流れがかわることもあるとのこと。
全国の法華講支部の皆さんとにかく頑張りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *