原発問題

信心とは特に関係ないかもしれませんが原発問題で国民の意見が割れているようだ。
与党は、原発推進で稼働させよういとしているようだが小泉元首相や野党の立憲民主党など反対のようだ。
筆者もどちらかというと反対の方で、原発反対であれだけの大集会が国会前に集まった。
しかして選挙では、推進の方が勝った。
民意は、どちらにあるのだろうか。
景気や仕事のことも考えなばならないが、安全対策に巨額の費用が要り、また核のゴミ処理問題など未来に負担を残すのは今を生きるものとしてどうであろうか。
人類の英知をもってすれば危険な原発にこだわらなくてもかわる安全なエネルギーも可能ではないだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *