ホーム » ブログ » 創価学会の教学用語

創価学会の教学用語

創価学会の教学用語の中で、微妙にこれでいいのだろうかと思うものがある。
「御本尊送り」というのは日蓮正宗では言わないとお聞きしたことがある。
慧妙紙にも載ったことがあると記憶する。
これは私の間違いかもしれませんが。
「宿命転換」
ということが法華講員になってからあまり聞かなくなったように思う。
創価学会にいるとそれらの微妙なところから狂いが生じるのではないだろうか。
そのほかにもありましたらご連絡ください。
微妙なところでの間違いがあったように思います。

https://hokkekou.com/2018/01/18/kyougaku/https://hokkekou.com/2018/01/18/kyougaku/

コメントする

RSS 宝日記

  • 連休で帰省した旧友と会う 2022年9月27日
    連休の谷間、台風で延び延びになっていた旧友との再会。現在は大阪で仕事をしている。昔、一緒に仕事をした話をしてな […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 台風お見舞い 2022年9月19日
    台風お見舞い申し上げます。 どうか被害なく通過しますように。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _