ホーム » ブログ » 創価学会の教学用語

創価学会の教学用語

創価学会の教学用語の中で、微妙にこれでいいのだろうかと思うものがある。
「御本尊送り」というのは日蓮正宗では言わないとお聞きしたことがある。
慧妙紙にも載ったことがあると記憶する。
これは私の間違いかもしれませんが。
「宿命転換」
ということが法華講員になってからあまり聞かなくなったように思う。
創価学会にいるとそれらの微妙なところから狂いが生じるのではないだろうか。
そのほかにもありましたらご連絡ください。
微妙なところでの間違いがあったように思います。

https://hokkekou.com/2018/01/18/kyougaku/https://hokkekou.com/2018/01/18/kyougaku/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 広布推進会にて 2019年7月17日
    15日の広布推進会において当ホームページからお問い合わせのあった人が支部を代表して後半の決意発表をされていて驚 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: こんにちは 2019年7月17日
    砲台さんへのお返事です。 > 成る程分かりました、それでは、実際に住職さんと管理人さんと私で顔合わせでお話しま […]
    管理人
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _