ホーム » ブログ » 創価学会の害毒

創価学会の害毒

昨日の続きであるが、その元創価学会員さんは、蚊が泣くような幻聴や男の声で念仏を唱えるような声が聞こえてくるという幻聴に悩まされたとのこと。
しかも、熱心だった母親を何もいいことはなく、苦労ばかりだったとのこと。
生で聞くと本当に真に迫り生々しいものであった。
今は、さらに世話になっている大本教を付き合いでしなければならず、混乱しているようである。
創価学会員に聞いても「功徳を頂いている」と言い張る人が多いが、このように元創価学会員や脱会した人の話を聞くと一様にいろいろな災難や害毒に悩まされているのが現状ではなかろうか。
なんとか正法に帰依してほしいものである。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 法華講ブログ 2019年4月22日
    登録させて頂いている法華講各人のブログの更新やツィッターのツィートが活発だ。日曜日には、久々に掲示板の副管理人 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Reめぐちゃんさん 2019年4月19日
    投稿ありがとうございます。 有原業平の『東鏡』に随筆として「龍ノ口の現象」があるのですか。 初めて知りました。 […]
    管理人

カウント

Visits today: _