6月の活動の日

6月の活動の日は、婦人部と同行折伏。 どこでも入っていく積極性があり、学会の婦人部の難問に言い負かされそうになり「勉強してきます。」と答えて帰ったとのこと。 しかして「お山を離れての信心ははありません。」「私は創価学会をやめて全く悔いはありませんよ。」
としっかり信念を伝えたとのこと。
私では受け取ってもらえなかったパンフと慧妙を受け取ってもらえたそうで、とても頼もしく思った。
創価学会だけではなく、一般の家への回り方についても打ち合わせがあった。
活動家が一人増えた。