ホーム » ブログ » 創価学会の違法性  

創価学会の違法性  

ネットで見つけた内容ですが確かに違法なことをしてます。
コピーペーストで申し訳ないですが・・・

この事件の裁判では、創価学会が写真を偽造し、しかもその事実を裁判所は認めたにもかかわらず、宗門側が敗訴しました。しかし、宗門側が前面勝訴した東京地裁判決はもちろん、逆転敗訴となった東京高裁判決でも、創価学会による偽造写真を用いた一連の報道は日顕上人の名誉を毀損する違法なものであると認定しています。
 すなわち、判決文の中の写真に関する部分では、
「本件写真は、(中略)阿部日顕1人が酒席で芸者遊びしているとの実際の状況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えている」と判定し、写真に付された誹謗の文言については、「これらは、(中略)正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕を揶揄し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有する」と判断しています。
 まさしく東京高裁は、創価学会の偽造写真の報道を「違法」とであると断定しているのです。
 にもかかわらず、宗門が敗訴となった理由は、偽造写真が日顕上人個人の名誉を毀損するものではあっても、原告である日蓮正宗と大石寺に対する名誉毀損には当たらないと判断されたからです。
 宗門は、日顕上人に対する名誉毀損が、そのまま日蓮正宗と大石寺への名誉毀損に当たると訴えていました。しかし、裁判所は、日顕上人が日蓮正宗を代表する最高責任者であることの深い信仰的意義を正しく認識できず、不当な判決を下したのです。
 なお、創価学会では、判決内容を歪曲して、あたかも日顕上人が「芸者遊び」をしていることを裁判所が認めたかのようにいって、「創価学会は勝った、宗門は負けた」と喧伝していますが、裁判所が「芸者遊び」を認定したなどという事実は全くありません。
 判決文には、むしろ創価学会こそ卑劣な策謀を弄する「違法」集団だあるとの認識が示されていることを知るべきです。

 長くなりましたが、創価学会がいかに危険な集団であるか世間の人は知るべきです。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 掲示板回復 2019年8月24日
    掲示板は、無事回復しました。時間はさほどかからなかったようです。最近は、掲示板も活況をになってきたようです。土 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • しかも 2019年8月25日
    なんと、こんなことまで可能にしてしまった。 バンダイさん、あんたはえらいっ!? デスラー総統もさぞお喜びかと。 […]
    あけぼの
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _