ホーム » ブログ » 大御本尊軽視の邪教

大御本尊軽視の邪教

怨念の任用試験

創価学会では先日、
“教学部任用試験〈仏法入門〉”なるものを実施した。
これに合格すると“助師”という称号が与えられるらしい。

その出題内容には、
他宗教への破折は皆無なのに、
「日顕宗を破す」という項目があり、
その教材に、
『日蓮大聖人の正統を伝えるはずでありながら、
その役割を放棄して堕落(だらく)し『法華経の敵(かたき)』となった日蓮正宗〈日顕宗〉の誤りを糺(ただ)します。」 〈教学入門 ⅱページ〉
とある。
thumbnail image
このサイトの記事を見る

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 法華講ブログ 2019年4月22日
    登録させて頂いている法華講各人のブログの更新やツィッターのツィートが活発だ。日曜日には、久々に掲示板の副管理人 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Reめぐちゃんさん 2019年4月19日
    投稿ありがとうございます。 有原業平の『東鏡』に随筆として「龍ノ口の現象」があるのですか。 初めて知りました。 […]
    管理人

カウント

Visits today: _