ホーム » 御書 » 御書1 » 弥源太殿御返事

弥源太殿御返事

御書

弥源太殿御返事
文永十一年二月廿一日  五三歳

抑日蓮は日本第一の僻人なり。其の故は皆人の父母よりもたかく、主君よりも大事におもはれ候ところの阿弥陀仏・大日如来・薬師等を御信用ある故に、三災七難先代にこえ、天変地夭等昔にもすぎたりと申す故に、結句は今生には身をほろぼし、国をそこなひ、後生には大阿鼻地獄に堕ち給ふべしと、一日片時もたゆむ事なくよばわりし故にかゝる大難にあへり。
譬へば夏の虫の火にとびくばり、ねずみがねこのまへに出でたるが如し。
是あに我が身を知って用心せざる畜生の如くにあらずや。
身命を失ふ事、併ら心より出づれば僻人なり。但し石は玉をふくむ故にくだかれ、鹿は皮肉の故に殺され、魚はあぢはひある故にとらる、すいは羽ある故にやぶらる、女人はみめかたちよければ必ずねたまる、此の意なるべきか。日蓮は法華経の行者なる故に、三類の強敵あつて種々の大難にあへり。
然るにかゝる者の弟子檀那とならせ給ふ事不思議なり。
定めて子細候らん。
相構へて能く能く御信心候ひて、霊山浄土へまいり給へ。

又御祈祷のために御太刀同じく刀あはせて二つ送り給はて候。
此の太刀はしかるべきかぢ作り候かと覚へ候。
あまくに、或は鬼きり、或はやつるぎ、異朝にはかむしゃうばくやが剣に争でかことなるべきや。此を法華経にまいらせ給ふ。
殿の御もちの時は悪の刀、今仏前へまいりぬれば善の刀なるべし。譬へば鬼の道心をおこしたらんが如し。
あら不思議や、不思議や。後生には此の刀をつえとたのみ給ふべし。法華経は三世の諸仏発心のつえにて候ぞかし。

 但し日蓮をつえはしらともたのみ給ふべし。けはしき山、あしき道、つえをつきぬればたをれず。
殊に手をひかれぬればまろぶ事なし。
南無妙法蓮経は死出の山にてはつえはしらとなり給へ。
釈迦仏・多宝仏・上行等の四菩薩は手を取り給ふべし。
日蓮さきに立ち候はゞ御迎へにまいり候事もやあらんずらん。
又さきに行かせ給はゞ、日蓮必ず閻魔法王にも委しく申すべく候。
此の事少しもそら事あるべからず。
日蓮法華経の文の如くならば通塞の案内者なり。
只一心に信心おはして霊山を期し給へ。
ぜにと云ふものは用にしたがって変ずるなり。
法華経も亦復是くの如し。
やみには灯となり、渡りには舟となり、或は水ともなり、或は火ともなり給ふなり。
若し然らば法華経は現世安隠・後生善処の御経なり。
其の上日蓮は日本国の中には安州のものなり。
総じて彼の国は天照太神のすみそめ給ひし国なりといへり。
かしこにして日本国をさぐり出だし給ふ。
あはの国御くりやなり。
しかも此の国の一切衆生の慈父悲母なり。
かゝるいみじき国ならん。
 日蓮又彼の国に生まれたり、第一の果報なるなり。此の消息の詮にあらざれば委しくはかゝず、但おしはかり給ふべし。

能く能く諸天にいのり申すべし。信心にあかなくして所願を成就し給へ。女房にもよくよくかたらせ給へ。恐々謹言。
 二月廿一日 日  蓮 花押
 弥源太殿御返事

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 広布推進会(後半決起大会) 2019年7月16日
    15日は、奈良仏覚寺にて後半の決起大会となる広布推進会に参加しました。折伏の報告、決意ともにいつもと違う方が発 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: こんにちは 2019年7月16日
    管理人さんへのお返事です。 成る程分かりました、それでは、実際に住職さんと管理人さんと私で顔合わせでお話しませ […]
    砲台
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _