ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 5月度広布唱題会の砌

5月度広布唱題会の砌

 日如上人猊下お言葉
 本日は5月度の広布唱題会にあたり皆様には諸事万端ご繁忙のところわざわざ出席され、誠にご苦労様です。
 さて今日新型コロナウイルス感染症によって日本をはじめ世界中が騒然とした状況を呈しております。しかし、かくなる時こそ私どもは世の中の平和と人々の幸せのため立正安国論の原理に従って一致団結・異体同心して折伏を行じ、妙法広布に邁進して行かなければならないと思います。
 大聖人様は『如説修行抄』に
「末法の始めの五百歳には順縁一実の法華経のみ広宣流布の時なり。この時は闘堅固、白法穏没の時と定めて権実雑乱の砌なり。敵ある時は刀杖弓箭を持つべし、敵無き時は刀杖弓箭何かせん。今の時は権教即実教の敵となる一乗流布の代の時は権教あって敵と成る。紛らわしくば実教より之を責むべ。これを摂迹の修行の中には法華折伏と申すなり天台いわく『法華折伏破権門理』と良に故あるかな。然るに摂受たる四安楽の修行を今の時行ずるならば、冬種子を下して益を求むる者にあらずや。鶏の暁に泣くわ用也。よいに鳴くは物怪なり。権実雑乱の時、法華経の敵を責めずして山林に閉じ篭りて摂受の修行をせんは、あに法華経修行の時を失うべき物怪にあらずや」(御書672ページ)と仰せであります。
 この御文は、皆様方も折に触れ、聴聞されていることと思いますが、まさしく末法今時において、いかに折伏を行じることが大事であるかをお示し遊ばされており、特に今日、新型コロナ感染症によって、世界中が騒然たる状況を呈している時、私どもは改めてこの御金言を拝し、一人ひとりが決然として折伏に立ち上がり、一人でも多くの人々の幸せと真の世界平和の実現を願い、妙法広布に挺身していくことこそ、今、最も大事なことであると思います。
 大聖人様は立正安国論のなかで
「嗚呼、悲しいかな如来誠諦の金言に背くこと。哀れなるかな愚侶迷惑のそ語に随う事。早く天下の静謐を思わばすべからく国中の謗法を断つべし」(同247ページ)
と仰せられ謗法の害毒によって苦悩の喘ぐを多くの人々を救済し、 安穏なる仏国土を実現するため、老若男女問わず折伏に立ち上がり、断固たる決意を持って勇猛果敢に折伏を行事ていくことが最も肝要であるとご教示遊ばされております。
 さらに法華初心成仏抄には
「仏になる法華経を耳にふれぬればこれを種として必ず仏になるなり。されば天台・妙楽も此の心を以て、強ひて法華経を説くべしとは釈し給へり。譬えば人の地に寄りで倒れたる者の、返って家をおさえて立つが如し。地獄には堕つれども、疾く浮かんで仏になるなり。当世の人何となくも法華経に背く失によりて地獄に堕ちんこと疑いなき故に、とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし。謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり。何としても仏の種は法華経より他になきなり」(同1316ページ)
と仰せであります。
 御文中の「毒鼓の縁」とは皆様ご承知のことと思いますが、涅槃経に出てくる話で「毒薬を塗った太鼓を叩くとその音を聞こうとしないものの耳にも届き、やがて聞いた者は皆、死ぬ」と言われており、たとえ妙法を聞こうとする心はなくとも、妙法を耳にすることによって正法と縁し、発心・修行することによって成仏することができると仰せられているのであります。
 つまり末法今時では順縁の衆生はもとよりたとえ逆縁の衆生であったとしても正法に縁することによって、将来、必ず救済することができると仰せられているのであります。
 されば私どもは改めて「とてもかくても法華経を強いて教えてと説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし。謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり。何としても仏の種は法華経より他になきなり」との仰せを心肝に染め、邪義邪宗の害毒によって不幸に喘ぐ多くの人々を救うべく、いよいよ講中一結・異体同心して折伏を行じ、新型コロナ感染症による今日の窮状を打開し、もっていよいよ正法流布に邁進されますよう心から願い、本日の挨拶といたします

RSS 宝日記

  • エホバが来る 2022年11月27日
    久しぶりにエホバの信者が訪問に現れた。このコロナ禍の中、よく頑張っていると思わず、尊敬してしまった。パンフレッ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 管理人様 はじめまして 2022年9月30日
    武士道侍様 はじめまして、掲示板へのとうこうありがとうございます。 「蘭室之友という御書や富士宗学要集をまとめ […]

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0838208
Visit Today : 187
Visit Yesterday : 570