ホーム » 信行のポイント » 総本山第九世日有上人 御教示

総本山第九世日有上人 御教示


信行のポイント
『御物語聴聞抄』

○勤行・唱題の際の御本尊様に向かう姿勢や身だしなみの大切さ
勤めの時、目づかいにより、貌の持様、手の持様、ひざのくみ様にても、その人の余念を顕すと御沙汰候。況んや外見これ有るべからず。
余事余念なくして唱える處の題目を事行の妙法蓮華経と申す。
即身成仏の当体と仰せられ給い候 已上。
(日蓮正宗歴代法主全書  第一巻 三三四ページ)

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891574
Visit Today : 834
Visit Yesterday : 767