ホーム » 創価学会 » 破門から30年ー創価学会

破門から30年ー創価学会

創価学会

あれから三十年
 平成三年十一月、大謗法団体と化した創価学会は破門され、翌年には、狂乱の張本人である池田大作が富士の清流から追放された。
 あれから三十年……。
本宗僧俗は、日蓮大聖人以来の血脈仏法の大功徳のもと、法華講員八十万人体勢構築の御命題を見事に成し遂げ、一天広布に向けて前進している。
 片や学会は、表向き権勢を装っているものの内実たるや、三宝破壊の悪業による悲惨な罰の現証が続発し、組織は衰亡の一途。
 特に、大作はどうだ。十年以上の長きにわたり公の場から姿を消す、異常な状態で、この事実一つ取っても、峻厳なる仏法の正邪を雄弁に語っているではないか。
 
元なきものはかくの如し
 中国のことわざに「元あるものはかくの如し」「元なきものはかくの如し」という譬えがある。
「たとえわずかでも泉から水が涌き続けるならば水が絶えることがない。」しかし、しっかりとした元がないものは、大雨のあとの水たまりのように、いずれは消えてなくなってしまう」という意味だ。
 総本山第六十七世日顕上人はこの言葉を用いて、
「宗門は七百年の伝統を持ち、その根本において、大聖人様からの法脈を正しく伝授してきました。日蓮正宗は、下種仏法の元から存在した教団なのです。また、これからも、その意義を受けて法を正しく広めようとする宗団であります。
 これにたいして創価学会は、本来は日蓮正宗の法燈を護るべき団体であるのに、今日では誹謗・中傷を繰り返して、日蓮正宗を口汚くののしるような存在になり下がってしまった。 本来の正宗信徒の立場から離れて、非常にゆがめられた存在になってしまいました。元のないところでは、やはり、本当の仏法の功徳はありません」(文藝春秋平成四年二月号)
と御教示である。
 信仰の命脈を捨てた学会には、崩壊必至の結末以外にない。

大作こそ諸悪の根源
 学会破門の根本原因、それは大作の命の根底にある大慢心にある。 もともと大作は、本門戒壇の大御本尊も大聖人も血脈法水の御歴代上人も信じていなかった。 来し方を見れば、昭和五十二年路線の反省が嘘であり、長年にわたり会員に説いた下種三宝への信仰も二枚舌であったことを証明して余りある。
 学会は宗門への悪口雑言の限りを尽くし、哀れな学会員は、大作礼讃と三宝誹謗の言辞を聞かされ続け、
「山本伸一の心をわが心に」「学会こそ仏意仏勅の団体」などと洗脳され、今や命の奥底にまで謗法の毒気が染みついてしまっている。
 無理もない。 三十年もの悪業の積み重ねは大きい。

大作の正体を見破れ
 大聖人は、次のように厳誡されている。
「謗法は一業引多生なれば、一度三宝を破すれば度々悪道に堕するなり」(御書 四九四)
 学会員の皆さん、人生は今世だけではない。このまま三宝破壊の池田教に身を置けば、今以上の苦しみを未来永劫に受け続けてしまうのだ。
 今一度、振り返って考えて欲しい。己の名聞名利のために大聖人の仏法を利用する大作の本性、そして、大聖人の出世の本懐たる大御本尊と血脈の尊厳に対する信仰を捨てさせた「池田大作」とは、いったい何者かを。
「法華経の行者をば第六天の魔の必ず障ふべきにて候」(同一二八五ページ)
との御金言を拝信し、正体を見破らなければならない。
 現今の世界の不幸と混乱は、池田教の大謗法に起因することは間違いない。
「一大悪を治するには如かず」(同 八〇八ページ)
と御教示のように、立正安国を実現する喫緊の解決策は、一大悪に正義の鉄槌を下すことである。
 私たち法華講員は、大作に騙され続ける学会員に、慈念をもって破邪顕正の折伏を行し、もって意義深き御聖誕八百年の掉尾を飾ろうではないか。

RSS 宝日記

  • 問い合わせあり 2022年1月20日
    最近ホームページからの問い合わせがあり、中には文面がないものもあった。しかしながら、周りが創価学会員の中、脱会 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 失礼します 2022年1月23日
    管理人さんへのお返事です。 こちらをお借りできるだけで有難く思っています。 ありがとうございます。
    通りすがり

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _