無神論ではなぜいけないのか

 「正しい宗教と信仰」に学ぶ(大白法)
 無神論とは、信仰の対象となる神や仏などの絶対的存在の事実と可能性を否定する考えで、「無信論」と書く場合もあります。無信論といっても、信用とか信頼などの日常生活上の心理作用まで否定するのではなく、あくまでも宗教的な絶対者、あるいは絶対力の存在を認めないということのようです。
 また無神論者の中には、いちおう他人の信仰を認めて、「神や仏は、いると思う人にとって存在するが、いないと思う者に存在しないものだ」と唯心的な主張をする人もいます。
 たしかに、ほとんどの宗教で解く神や仏は現実にこの世に出現したこともなく、因果の道理に外れた空想の産物ですから、無神論を唱えることも無理なからぬことかもしれません。
 これに関して面白い話があります。あるキリスト教の教会で、全智全能の神について語り終えた牧師に向かって、ひとりの少年が尋ねました。「なんでも可能な全知全能の神様は、自分で持ち上げられない石を造れますか」と。牧師は返答に窮して口を閉じてしまったということです。
 この話は、現実を離れ空想によって生み出された神が、いかに矛盾にみちたものであるかを、短かい中に鋭く指摘しています。
 しかし、だからといって無神論が正しいということではありません。無神論者と称する人は、神や仏がまったく存在しないことを立証できるのでしょうか。少なくとも仏教に耳を傾け、仏典を繙いたことがあるでしょうか。
 もしあなたが自らの狭小な体験や臆測をもって、無神論を主張するならば、それはあまりにも単純な発想であり、甚だしい無認識の評価であるといわざるをえません。
 いま参考までに仏教の概要を説明しますと、仏教は今から三千年ほど前、インドに出現した釈尊によって説かれました。釈尊は当時流行していた超現実的な絶対神を立てる宗教を邪義として排斥し、自らの修行と思索によって悟り究めた法を五十年間にわたって諄々と説き、その最後に究極の実教たる法華経を宣説されました。その教えは、因果の理法を基底として、法界の真理と人間生命の実相を開示するものであり、衆生が生老病死の四苦を根本的に解決して真実の幸福境界に至ることを目的としたものでした。そして法華経に予証されたとおりに末法の御本仏が日本に日蓮大聖人として出現されたのです。
 日蓮大聖人は末法万年の衆生の苦しみをのぞき、幸せを与えるために、心血を注いで多くの教えを遺すとともに、一切衆生成仏の法体として大御本尊を図顕されました。
 この大聖人の仏法は、経文に照らし合わせ(文証)、因果律や現実の道理に照らし(理証)、実際に信仰した結果を見ても(現証)、一点の曇りもないもっとも正しい教えであることが立証できるのです。
 もしあなたが、仏の悟りや御本尊の功徳力を信じられないというならば、謙虚に仏法の教えを乞い、自ら仏道を求めるべきでありましょう。
 日蓮大聖人の仏法が七百年間、厳然と存在し、全世界にわたる多くの人々に生きる力と、喜びを与えていることはまぎれもない事実です。
 この事実に目をつぶって、「この世に神や仏などあるはずがない、信じたくない」と無神論に固執するならば、それは、精神異常者のような精神構造というべきです。
 大聖人は、無信・無行の者に対して、
 「謗と云ふは但口を以て誹り、心を以て謗るのみ謗には非ず。法華経流布の国に生まれて、信ぜず行ぜざるも即ち謗なり」(戒体即身成仏義・新編一〇)
と仰せられ、法華経を信仰しない者は、仏をそしり正法に背く大罪であると、固く戒められているのです。

【折伏実践のために】

 正法に縁する大事
 世の中には数え切れないほど多くの宗教があります。その信仰の対象が、仏であり、神です。しかし、日蓮大聖人が『開目抄』に、
「諸宗は本尊にまどえり」(御書 五五四㌻)
と仰せのように、ほとんどの宗教において説かれる神仏は、間違った神仏であり、架空のものであって、本当に私たちが信仰の対象とすべきものではありません。ですから、「無神論ではなぜいけないのか」と思うこともあるでしょう。しかし、正法に縁しないで、直ちに無神論を唱えることは、あまりにも早計なことです。
 大聖人は、『三三蔵祈雨事』に、
「末代悪世には悪知識は大地微み塵じんよりもをほ多く、善知識は爪そう上じょうの土どよりもすく少なし」(同 八七三㌻)
と仰せです。私たちの周りは、邪義・邪法で満ちあふれています。したがって、出合うのは人々を迷わせようと巧たくみに用はたらく悪知識ばかりなのです。真の教えを求めて宗教のことを聞いても、また自分で考えても、なかなか真実に到達することができず、正しく宗教を理解できません。
 しかし、私たちにとって最も大事なことは、正しい宗教を信じ、正しい御本尊を持つことです。それによって、幸福な境界を得ることができるのです。
 同抄に、
「善知識に値あふ事が第一のかた難き事なり」(同㌻)
と仰せですから、神仏を否定する人々は、正法を求めても未だ巡り合っていないのか、もしくは、正しい教えに導いてくれようとした善知識に気づかずに拒否してしまったかも知れません。
 
 無神論は迷いの法
 神仏の存在を否定する無神論では、人間の心が中心になります。
 しかし大聖人は、『顕謗法抄』に、
「衆生の心は皆善につけ悪につけて迷を本とするゆへに仏にはならざるか」(同 二八二㌻)
と仰せであり、さらに『法門申さるべき様の事』には、
「凡夫の私の計はからひ是非につけてをそ恐れあるべし」(同 四二八㌻)
と御教示されています。
 迷いの凡夫である人の心を中心にすることは、真の幸福・成仏の道とはならず、かえって堕だ地じ獄ごくの因となることを知らなくてはなりません。大聖人は、
「不信は一いっ闡せん提だい謗ほう法ぼうの因」(同 一一一二㌻)
また、
「不信は堕獄の因なり」(同 一七三八㌻)
と御指南あそばされています。
 人はそれぞれ「幸福でありたい」という願いを、必ず持って生活しています。しかし、人にはいくら幸福を求めても得られない場合があり、得ることができたと思っていても、いつか失うこともあるものです。こうした無常の法則を免まぬかれることはできません。
 世の中の人々は、仏法という正しい道理があるにもかかわらず、それを知らずに苦悩に喘あえぐばかりです。無神論者も同様なのです。こうした人々は、自己の力で、苦しみがどこからきているのか、現実を正しく捉えることなどできないのです。
 やはり正しい信仰に基づいてこそ、その解決策を見み出いだすことができます。
 本文にある通り、仏法は因果の道理に基づいて、法界の真理を説かれたもので、この教えを信仰することにより四苦八苦と言われる困難を解決することができるのです。
 殊に今こん時じにあっては、末法の御本仏である日蓮大聖人が説き顕わされた「南無妙法蓮華経」の教えを信仰することによってのみ抜ばっ苦く与よ楽らくの功徳を享きょう受じゅできることを知るべきです。
 
 無神論者を救おう
 無神論は、間違った神仏を否定するだけでなく、正しい宗教をも否定することになります。詰まるところ、「南無妙法蓮華経」という最高の教えを否定してしまうものであり、大聖人の説かれた正しい教えに背く謗法の邪宗教であることを知らねばなりません。
 たとえ、正法を直じかに誹謗していないとしても、正法を信仰しないのですから謗法の害毒に蝕むしばまれることは疑いないことです。
 御法主日如上人猊下は、
「謗法の害毒によって塗と炭たんの苦しみに喘あえぐ一人でも多くの人に、謗法の恐ろしさを教え、一切衆生救済の秘法たる末法の御本仏宗祖大聖人の仏法を下種折伏し、救っていかなければなりません。大聖人様は『阿仏房尼御前御返事』に、
 『夫それ法華経の意は一切衆生皆かい成仏道の御経なり。然しかりといへども、信ずる者は成仏をと遂ぐ、謗ぼうずる者は無む間けん大城に堕おつ。『若もし人ひと信ぜずして斯この経を毀き謗ぼうせば即ち一切世間の仏種を断だんぜん。乃至其その人命みょう終じゅうして阿あ鼻び獄ごくに入いらん』とは是これなり』(同 九〇五㌻)
と仰せであります。(中略)我々は、この御金言のままに、大御本尊様の広大無辺なる功徳を確信し、講中一結して一天四海本因妙広宣流布の戦いに臨んでいくとき、必ず誓願を達成することができると固く確信いたします」(大白法 九二一号)
と御指南されています。
 無神論の人も大聖人の正しい仏法に縁し、行じてこそ幸福になれるのです。こうした人々も、しっかりと折伏をして成仏の境界に導いてあげましょう。

RSS 宝日記

RSS 掲示板

  • ワクチン危険。 2021年6月15日
    信心と関係はありませんが、重要です。 ◎ワクチン危険。 現在全国で推進されてる 米国ファイザー製とモデルナ社、 […]
    大久保です。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _