推進会参加

Published by:

18日、3月度の推進会に参加させて頂きました。壮年部対象でした。
桜の花も咲きかけており、暖かい一日でした。
津波の教訓を例に、それぞれ各個人が信心に精進しなければならないと痛感した。
帰ってきて散髪に行き、春期総登山に備えた。

御講の後で活動

Published by:

御講に参詣させて頂きました。
このところ仕事や風邪など病気にあうこともなく、のずっと御報恩御講に参詣させて頂けているのがありがたい。
御講のあとも活動に出ている。
活動への参加者も増えてきた。
日蓮正宗の信心は真実の教えを信仰しているという歓喜があるのだ。
今年は「行動の年」なので特に行動を起こさなければならない。

創価学会のように、他の宗教からの折伏を拒否することもなく、逆に即応折伏ができるので
大いに歓迎である。
しかし、創価学会員の訪問は折伏ではく法門のことが出てこない。
邪義を破折してこそ折伏であるのに、全く通りの通らないことを一辺倒に繰り返す。
建物が戒壇ではないというのに三大秘法の戒壇を壊したという訳のわからないこと
に固執しあくまで日蓮正宗悪しに固執する。
またそうしなければ立つ瀬がないのであろう。
頭破七分の現証ともとれる気の毒な姿である。
下のようなコピーはもう何年も前から同じものだ。
それだけ日蓮正宗にはつつくべき欠点もないのであろうと思う。
もっと違うネタをもってきてほしいものである。
しかも、遺骨の写真を提供した離脱僧は30代の若さで亡くなっているという。
創価学会の場合は、このように猊下様や御宗門を誹謗したものほど、そろいも揃って早死にしており、特に池田大作氏は、生きながら?表に出れないという不幸な姿を呈している。
創価学会員が一日も早くこのことに気づいて正法である日蓮正宗に帰ほしいものである。

創価の仏?

Published by:

聖教新聞の見出しに「創価の仏ぞ」と出ていました。新興宗教になっているのだから何を書こうと自由であるが、これが且つて協議に厳格な日蓮正宗の信徒団体だったとは思えない。
教義は、どんどん変わっていくのに洗脳された創価学会員は哀れなものである。
私たちは、聞く耳を持たない創価学会員以外の一般人にも創価学会を邪教として破折していかなければならないと思う。

3月の活動

Published by:

3月に入って最初の日曜日。
活動意識も高まってきているように思う。
3次会まで3段階で訪問折伏に参加した。
創価学会の中では、やはり「臭いものに蓋」のような情報を遮断するやり方がおかしいと思っている人も見かけられる。
洗脳の程度は、ますます厳しくなっている人もいるが、そうすればするほど不審に思う学会員もいた。
池田氏への見方もいろいろで「お元気だ」という人もおれば、「もうお歳だから・・」という人もおり見解はマチマチだ。
それほど長期間にわたって表に出てきておらず現在の写真も見ていないのであろう。
お元気派も困惑ぎみである。
一日も早く正しい信心に目覚めてほしいものである。

創価学会が抗議

Published by:

創価学会に対する偏向報道でテレビ東京が謝罪との記事が出たが、創価学会から抗議があったらしい。
しかし、内容的には実際にあったことであることには間違いなく、それはyou tubeなどでも確認できる動画がアップされている。
抗議の内容的には
抗議の内容は①テレビ東京が番組放映にあたり、学会に対し事前の
取材依頼もなければ、実際の取材も一切ないままに番組を放映したこと
②内容的にも、学会から除名された人物らの主張や言動を一方的に取り上げ、
視聴者に学会に対する偏見を植え付けるものとなっていること
③会員や役員を隠し撮りした映像が放映されていることなどである。

しかし、創価学会はテレビ東京に対し、取材手法の瑕疵については謝罪を勝ち取ったがその報道内容について何ら反論できなかったということではないだろうか。

洗脳とマインドコントロール

Published by:

洗脳とマインドコントロール。
よく似たような言葉ではあるが違うらしいのだ。
本種寺の武田講頭さんの解説があるので参考にしてほしい。
特に、何の資料も受け取ろうとしない創価学会員さんは気の毒なものである。
自ら勉強しようということができない。
その点、心して私たちも創価学会員の洗脳を解けるようにいなければならないと思う。

活動

Published by:

25日は、お寺での唱題行のあと3人で活動に出た。
普段はいかない遠方の方で新しいところも開拓できた。
しかし、創価学会員の中では、相変わらずパンフや新聞を受け取らないところがある。
何でも読んで参考にすべきだと思う。
洗脳というのは恐ろしいものだ。
私は、聖教新聞も創価新報も渡されれば読んでいる受け取り拒否などしない。
それによってかえって創価学会や顕正会の折伏に使えるのだ。
そういった情報操作をするのは邪宗教と言わざるを得ない。
今度は、インターネットまでも規制がかかってくることもあるかもしれない。
写真は、毎日新聞の記事。

広布推進会

Published by:

先日18日の日曜日に広布推進会に参加した。
今年初の推進会ということで決起大会であった。
折伏成就の祈りの唱題で3か月以内の折伏成就を誓った。
頑張ろうと思う。

立正安国論渡す

Published by:

この二日間に、とにかく2人に立正安国論を渡してみました。
2日たったのちの反応は、「まだ見ていない」とのこと。
少しでも下種になればと思います。
毎日1人には下種を目標に3か月以内に1人を達成するべく頑張っていきたい。