ホーム » 日記 » 盆経(お経廻り)について

盆経(お経廻り)について

n

 光明
 七月・八月に行われているお盆は、目連尊者が餓鬼道に堕ちて苦しむ母を聖僧への供養によって救った説話(盂蘭盆経) に由来している。
 聖僧とは、正法を持つ僧のこと。
 つまり末法においては、本因妙の教主・宗祖日蓮大聖人が顕わされた大白法を伝持なされる御法主上人のことであり、大聖人よりの法脈に連なる日蓮正宗の御僧侶のことである。
 正しい相伝の上から『盂蘭盆経』を見れば、亡き先祖を救うためにも文底下種仏法の三宝に帰依することが説かれているのである。
 日蓮正宗ではお盆の時期に、寺院の盂蘭盆会に参詣することに併せて、御僧侶を自宅にお招きして、真心からの報恩感謝の法会 (盆経)が行なわれている、
 古来、法華講の先達方は、如何なる苦境や困難に陥っても、常に妙法受持の福運に感謝を持ち、師弟相対の筋目を正して、活力に満ちた幸せな境界を確立されてきた。この清らかな求道心と 報恩感謝の精神の表われの一つが、今日の盆経といえる。
 各家庭の御宝前で奉修の経は、日頃の寺院参詣ではできない近況についての話や、法統相続のこと、一家和楽の信心の確立など、正法聴聞の功徳に浴し信行を磨く貫重な機会となっている。
 そして、各家庭の信心の成長こそが、磐石な講中の基盤ともなるのであるから、盆経は大きな意義を持っている。
 されば、最運房御返事』には、
「我等が弟子檀那とならん人は一歩を行かずして天竺の霊山を見、本有の寂光土へ昼夜に往復し給ふ」(御書 五八八ページ)
と仰せられている。
 コロナ禍の中で様々な状況はあるが、追善供養のため、折伏・育成のため、一家和楽の信心と法統相続の功徳を成
ずるためにも、夏の熱さを跳ね除ける歓喜の信心をもって精進してまいろう。

nnnn


n

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891574
Visit Today : 834
Visit Yesterday : 767