トップ

が投稿

今日の御書

夫(それ)木をうへ候には、大風ふき候へども つよきすけをかひぬれば たうれず。本より生(お)ひて候木なれども、根の弱きはたうれぬ。甲斐無き者なれども、たすくる者強ければたうれず。すこし健(けなげ)の者も独りなれば悪しきみちにはたうれぬ。(三三蔵祈雨事)

講中おしらせ2月号をアップしました。

令和3年・年間実践テーマ
①日々勤行・唱題の実践
②折伏実践こそ最善の報恩行
③寺院参詣と登山で育成推進

私たちは産まれ生きる時を選ぶことができません。 古の時代、生まれたばかりの釈尊の相を見てこの子は将来俗世間に育てば転輪聖王となり出家すれば一切種智を悟って必ず仏になると予想した阿私陀仙人は既に九十歳である私は太子の成道を見ることなく死なねばならぬのは悲しいと悔やんだと言います。

創価学会、顕正会等が配布する本尊は、害毒があり、人を不幸にするニセ本尊です。→創価学会に現れた現証

創価学会は本門戒壇の大御本尊を否定

正本堂解体の理由

信心とは折伏なり

令和3年
2月23日法雲寺での広布推進会に参加
1月17日仏覚寺での広布推進会に参加
1月 2日初登山に参加

☆NEW 立宗750年のパンフレット見つけましたのでアップしました。


創価学会を破門した経緯を持つ日蓮正宗総本山「大石寺」はどんなお寺か?

日蓮正宗とは!第三者から見た「日蓮正宗」