法華講員の心得

『法華講員の心得』は、法華講員としての基本的な心得を、初心者向けにまとめたものです。
法華講員の皆さんには、本書を熟読し、正しく日蓮正宗の信仰に励まれるよう願ってやみません。「法華講員の心得」より
はじめに

私たちのめざすもの
日蓮正宗とは

一、法華講員の心がまえ

日蓮正宗の三宝に帰依しましょう
自行化他に励みましょう
謗法をいましめ清浄な信心に勤めましょう
信心の道場である寺院へ参詣しましょう
異体同心を心がけましょう
社会から信頼される人になりましょう

二、日蓮正宗への入信

日蓮正宗への入信

三、法華講について

法華講の名称と由来
法華講の組織について
入講にあたって

四、勤行唱題は幸福の源泉

勤行とは

五、誰にでもできる折伏

折伏について

六、信仰の実践

御講への参詣
総本山への登山参詣
会合への参加
教学の研鑚
御供養
法統相続
御本尊へのお給仕と仏前の荘厳