日蓮正宗への入信

法華講員の心得

入信とは誤った宗教を捨てて日蓮正宗の信徒になることをいいます。
入信にあたっては、謗法払いをしたのち、御授戒を受け、御本尊を下付していただきます。
再入信の場合は勧誠式を受けます。

謗法払い

入信に際しては、他の信仰の対象物となる他宗の本尊や神
札、神棚や祠、念珠、経典、お守り、縁起物(だるま、熊手、破
魔矢)などを取り払います
この謗法払いは日蓮正宗の信仰を清浄に実践していくために絶対に欠かせないものです。

御授戒

御授戒とは一切の誘法を捨てて日蓮大聖人の正法を信仰
することを御本尊に誓う儀式です.その際は、日蓮正宗の数珠と経本を用
い、人生の新たな出発にふさわしい心がまえで臨みましょう。
御本尊下付
御本尊下付とは、寺院より御本尊をお貸し下げいただくことをいいます。
私たちは、総本山の本門戒壇の大御本尊を信仰の根源とし
所属寺院を信心の拠り所としていきます さらに、勤行・唱題
をはじめ日々な信心修行のため、私たちの家庭に大御本尊のお写し
である御本尊を下付していただくのです。
御本尊のお取り扱いは丁重にし、自宅にご安置する際には、僧侶の導師により、厳粛に人仏式を行い
ます。僧侶が出仕不可能なときはその指示により、法華講役員などが導師をつとめます。

勧誠式

勧誠式とは、日蓮正宗に入信しながら、創価学会などの邪義に惑わされ
正しい信心を見失った人が、日蓮正宗の信徒として再出発するために行われ
儀式です。
ここでは、再入信にあたって二度と謗法を犯すことなく、信行に精進
することを御本尊にお誓いします。