ホーム » 法華講員の心得 » 信心の道場である寺院へ参詣しましょう

信心の道場である寺院へ参詣しましょう

法華講員の心得

総本山大石寺は、本門戒壇の大御本尊が厳護され日蓮大聖人の血脈が伝えられている仏法の根源の霊地です。
その末寺も、御本尊が安置され、仏法僧の三宝が備わった法城であり僧俗が和合して仏法を学び、日蓮大聖人の教えを弘めるための重要な道場なのです。
なお末寺には、御法主上人の任命を受けた住職や主管が法華講員に対して信心の指導当たっています。
私たちは、行の道場である寺院へ常に参指し、指導教師である住職・主管の指導のもとに信行に励むことが大切です

RSS 宝日記

  • 活動にでる 2021年4月9日
    久々に訪問折伏。9割は世間事の話で1割ほどは信心の話ができたと思う。悩み事はあるものの信心には踏み出せないもよ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: ぽっくり死にたい 2021年4月10日
    あけぼのさんへのお返事です。 > 日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _