ホーム » 法華講員の心得 » 自行化他に励みましょう

自行化他に励みましょう

法華講員の心得

日蓮大聖人は「自行化他にわたる信心」を教えられています・自行とは、自分が利益を得るための勤行や唱題をいい、化他行とは、正法を知らない人々に対して、不幸の原因が誤った宗教にあることを教え、日蓮大聖人の仏法に導くことです。この化他行を折伏といいます。
この自行と化他行は、修行の根幹であり、これらをともに実践してこそ、成仏という大きな功徳が得られるのです。
私たちは、ゆるぎない幸せと、平和な社会を築くために、日々の勤行・唱題に勤めるとともに折伏に励んでいきましょう。

RSS 宝日記

  • 講中おしらせ7月号をアップ 2022年7月2日
    「講中おしらせ」の7月号をアップしました。今月の御書は「四条金吾殿御返事」です。講中おしらせ7月号
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 暑中見舞い 2022年7月2日
    暑中お見舞い申し上げます。 今年は例年より早くから猛暑に感じられます。 熱中症等にはくれぐれもお気を付けくださ […]

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _