自行化他に励みましょう

法華講員の心得

日蓮大聖人は「自行化他にわたる信心」を教えられています・自行とは、自分が利益を得るための勤行や唱題をいい、化他行とは、正法を知らない人々に対して、不幸の原因が誤った宗教にあることを教え、日蓮大聖人の仏法に導くことです。この化他行を折伏といいます。
この自行と化他行は、修行の根幹であり、これらをともに実践してこそ、成仏という大きな功徳が得られるのです。
私たちは、ゆるぎない幸せと、平和な社会を築くために、日々の勤行・唱題に勤めるとともに折伏に励んでいきましょう。