折伏について

法華講員の心得

折伏は、不幸の原因である誤った宗教による考えを打ち破り、健全な人生と真の幸福をもたらす正しい宗教を教えることです。

苦悩する現代人

現代は、科学文明や近代医学がめざましい進歩を遂げています。しかし、それにもかかわらず、人間一人ひとりの苦悩や迷妄は解消されるどころか、かえって深まっているといえます。
「私たちの胤り仝見ても、 しみ悩んでいる人が大勢います。たとえば、
○病気で苦しんでいる人
○生活苦で悩んでいる人
○家庭内の問題で悩んでいる人
○人間関係で悩んでいる人
などです。
また、人生に迷っている人も少なくありません。例を挙げると、
○仕事や生き方に行き誇まりを感じている人
○目先の快楽に催れている人
○生きがい仝見いだせない人
○将来に不安を抱いている人などです。
日蓮大聖人の仏法は、これらの苦悩する人々に人々に正しい人生観を教え幸福な生活を築く勇気と希望を与えていくものです。

折伏は相手を思う心から

折伏は`むずかしい教義を知らなければできないというものではありません。
私たちの信仰する姿を見せることや、御本尊の偉大な力、身近な信仰体験を語っていくことも折伏につながります。
また、創価学会員等のように、悪宣伝に混わされて正法から離れた人fに対しては、清浄な総本山の様子や法華講の信心活動について語っていくことも折伏になります。
要は、相手に対する思いやりの心と誠意をもって眼むならば、折伏は誰にでもできるものなのです。

折伏の実践と功徳

日蓮大聖人は、私たちの人生の様々な苦悩は、過去世の罪障によるものであると説かれています。
その罪障の中でも最も重いものは、正法誹謗による謗法罪です。
折伏を行ずることによって、この重罪を消し去り、成仏の大利益を受けることができるのです。
日蓮大聖人は
「謗法を責めずして成仏を願はば火の中に水号求め水的中に火を尋ぬる如くなるべし」(曽谷殿御返事)
と仰せのように、折伏の実践は、悩める人を救って行くと同時に自身の成仏の為にも欠かせない仏道修行なのです。

広宣流布をめざして

私たちの折伏へのたゆまぬ努力は、日蓮大聖人のご遺命である広宣流布の実現へとつながります・広宣流布とは、大聖人の仏法を広く社会に弘めることによって世の中を浄化し、民衆の幸福と社会の平和を築くことをいうのです。
日蓮大聖人は、常に人々の幸せを願って教えを説かれました。そして、
「(大聖人の)弟子檀那とならん人々は宿縁ふかしと思ひて、日蓮と同じく法華経を弘むべきなり」(寂日房御書)
と仰せです。
日蓮大聖人の弟子・信徒である私たちは、自らの徳を積む修行のためにもこれらのご教示を心にとどめ、折伏を実践していきましょう。