社会から信頼される人になりましょう

法華講員の心得

日蓮正宗の信仰は、けっして現実の生活からかけ離れたものではありません。
日蓮大聖人は、
「法華経を信仰する人は、世間の道理をも弁えることができる」(意訳・観心本尊抄)
と教えられています。
私たちは、日蓮大聖人の仏法を信仰することによってヽ正しい人生観をもち、良識ある社会人として人格を磨いていくことができるのです。
信仰によって培われる慈悲の心は、他人に対する思いやりとなり、仏も敬う真心は誠実な人格となってあらわれます。これらの思いやりと誠実な人柄は、おのずと周囲からの信頼を生むことになります。
私たち法華講員は、信仰によって福徳を積むとともに人格を磨き、社会から信頼される人になるよう精進しましょう。