ホーム » 日記 » Q29.「我が家の御本尊は、学会から受けた日寛上人の御本尊だ」

Q29.「我が家の御本尊は、学会から受けた日寛上人の御本尊だ」

n


 
 Q&A 創価学会員の言い分に答える
A.この本尊の相貌は総本山第二十六世日寛上人のお筆によるものですが、これは宗門から破門された創価学会が会員の組織離れを防ぐために、正当な手続きを経ることなく、日寛上人御書写の御本尊を勝手に複製し、頒布した『ニセ本尊』です。
 したがって、大聖人以来の血脈に背いたこの『ニセ本尊』を拝むならば、魔の用きによって、はてしない苦しみの世界におちていくのは間違いないことなのです。

n

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891612
Visit Today : 871
Visit Yesterday : 767