四、我が心を磨く

日顕上人猊下御指南

四、我が心を磨く
 我々の心には本来、無明という煩悩があり、これによって常に種々の迷いが生じている。
故に、我々の心は、磨かない鏡のようなもので、常に曇っている。しかし、鏡を磨けば煌々とした明鏡となるように、曇りが晴れれば真実の法を悟った心となる。故に、迷いの心を持つ我々は、常にこれを正しく磨かねばならない。その磨く方法は、ただ一つしかない。
それは、ただ南無妙法蓮華経と正境の御本尊に向かい唱え奉ることである。