縁を結ぶ

日如上人猊下御指南

寺院の興隆発展は、その国、その地域における正法弘通が進み、一歩一歩、力強く、かつ確実に広宣流布に向かっている証であります。(中略)
日蓮大聖人『撰時抄』に
「一渧あつまりて大海となる。微塵つもりて須弥山となれり。日蓮が法華経を信じ始めしは日本国には一渧一微塵のごとし。法華経を二人・三人・十人・百千万億人唱え伝うるほどならば。妙覚の須弥山ともなり、大涅槃の大海ともなるべし。仏になる道は此れよりほかに又求むる事なかれ」(御書868ページ)
と仰せであります。
 広宣流布への道のりは、大聖人様の御化導がそうであったように、二人・三人・百人と次第に伝え、下種折伏していくことが肝要であります。特に末法本未有善の衆生は、自ら法を求めてくる方はほとんどありません。
 折伏は、たとえ相手が反対したとしても、妙法を下種したことによって縁を結び、その縁によってやがて入信し、即身成仏の本懐を果たすことができるるのであります。
 故に『一念三千法門』には、
「妙法蓮華経と唱ふる時心性の如来顕はる。耳にふれし類は無量阿僧祇劫の罪を滅す。一念も随喜する時即身成仏す。縦ひ信ぜずとも種と成り熟と成り必ず成仏す」(同109ページ)
と仰せであります。
(妙照院移転落慶法要・平成24年9月号14ページ)

RSS 宝日記

  • 7月度御報恩御講 2024年7月14日
    御書は「妙密上人御消息」 已今当の経文を深くまほり、一経の肝心たる題目を我も唱へ人にも勧む。>麻の中の蓬、墨う […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 暑中見舞い 2024年7月5日
    暑中お見舞い申し上げます。 猛暑の砌、お体をご自愛くださいませ。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

420020
Users Today : 442
Users Yesterday : 981
This Month : 14015
Who's Online : 32
Your IP Address : 3.233.232.160
Server Time : 2024-07-15