ホーム » 日如上人猊下御指南 » 国の盛衰は仏法の邪正による

国の盛衰は仏法の邪正による

日如上人猊下御指南

 多大な被害を出した東日本大震災をはじめとして、この大震災によって起きた原子力発電所の事故による放射能汚染問題、その後も続く余震による様々な被害、また異常な大雨による被害、さらにこのような天変地夭呼応するかのように、政治も経済も混迷を極めているのが現状であります。
 しかし、こうした現状を見て多くの人々は心を痛めておりますが、さりとて、なぜこうした災難が起きるのか、また解決の方策はあるのかとなりますと、識者と言われる人達も懸命に模索している姿は伺えますがヽ根本からの解決の方途にっいては、残念ながら全く不明であります。
 大聖人は『神国王御書』に、
「我が面を見る事は明鏡によるべし。国土の盛衰を計ること仏鏡にはすぐべからず。仁王経・金光明経・最勝王経・守護経・涅槃経・法華経等の諸大乗経を開き見奉り候に、仏法に付きて国も盛へ人の寿も長く、又仏法に付きて国もほろび、人の寿も短かかるべしとみへて候。譬へば水は能く舟をたすけ、水は能く舟をやぶる。五穀は人をやしない、人を損ず。小波小風は大船を損ずる事かたし。大波大風には小舟やぶれやすし。王法の曲がるは小波小風のごとし。大国と大人をば失ひがたし。仏法の失あるは大風大波の小舟をやぶるがごとし。国のやぶるゝ事疑ひなし」 (御書1301ページ)
と仰せであります。
 すなわち、今の御文に「国土の盛衰を計ることは仏鏡にはすぐべからず」と仰せられ、また「仏法に付きて国も盛へ人の寿も長く、又仏法に付きて国もほろび、人の寿も短かかるべしとみへて候」と仰せの如く、仏教の明鏡に照らせば、その国の興亡盛衰は、ひとえにその国の仏法の善悪邪正の如何によるのであります。

                        〔平成二十三年九月号71ページ〕

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 夏期講習会登山2日目 2019年5月26日
    初日にすぐ御開扉がありました。何度、お受けしてもこの御開扉は感動致します。何とも表現しがたいものがあり、爽やか […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 猫屋敷の学会員 2019年5月25日
    管理人さんへのお返事です。 > 砲台さんへのお返事です。 > > 日蓮正宗の信心をするものとしてそれは気になる […]
    砲台
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _