Home » 日如上人猊下御指南 » 止暇断眠の戦い

止暇断眠の戦い

日如上人猊下御指南

大聖人様は『富本殿御書』に、
「我が門家は夜は眠りを断ち昼は暇を止めて之を案ぜよ。一生空しく過ごして万歳悔ゆること勿れ」 (御書1169ページ)
と仰せであります。また『持妙法華問答抄』に
「一切の仏法も又人によりて弘まるべし」 (同298ページ)
と仰せであります。
今日の宗門の平成二十七年・三十三年に向かっての戦いのなかで、この御文を一人ひとりがしっかりと心肝に染めていただきたいと思います。
私達は、広宣流布という高い理念の上に立って『立正安国論』の御理想実現を目指して戦っているのであります。したがって、まず私達自身がきちんと人格を磨いていかなければなりません。そのために大切なことは、普段の信行、つまり朝夕の勤行でありますが、もう一つ、やはり唱題行の功徳があるかと思います。(中略)
折伏成果の挙がっている支部というのは、ほとんどが唱題行をしつかりと行っております。この唱題行をとおして、住職も御信徒も本当に大きな功徳をいただいて、その歓喜と功徳をもって折伏に打って出る。その結果、すばらしい成果を挙げているのであります。
〔平成二十三年十月号57ページ〕

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _