寿福寺への御状 (十一通御書)

御書1

寿福寺への御状 (十一通御書)
                文永 五年 十月 十一日  四七歳

風聞の如くんば、蒙古国の簡牒、去ぬる正月十八日慥かに到来し候ひ畢んぬ。然れば先年日蓮が勘へし書の立正安国論の如く普合せしむ。恐らくは日蓮は未萌を知る者なるか。

 之を以て之を案ずるに、念仏・真言・禅・律等の悪法一天に充満して上下の師となるの故に、此くの如き他国侵逼の難起これるなり。法華不信の失に依りて皆一同に後生は無間地獄に堕すべし。早く邪見を翻し、達磨の法を捨てゝ一乗正法に帰せしむべし。

 然る間方々へ披露せしめ候の処なり。早々一処に集まりて御評議有るべく候。委しくは対決の時を期す。恐々謹言。
文永五年戊辰十月十一日 日 蓮 花押
謹上 寿福寺侍司御中