ホーム » 御書 » 御書1 » こう入道殿御返事

こう入道殿御返事

御書1

こう入道殿御返事 (国府入道殿御返事)               
                                          文永十二年 四月 十二日  五四歳  

人の御心は定めなきものなれば、うつる心さだめなし。さどの国に候ひし時、御信用ありしだにもふしぎにをぼへ候ひしに、これまで入道殿をつかわされし御心ざし、又国もへだたり年月もかさなり候へば、たゆむ御心もやとうたがい候に、いよいよいろをあらわし、こうをつませ給ふ事、但一生二生の事にはあらざるか。此の法華経は信じがたければ、仏、人の子となり、父母となり、めとなりなんどしてこそ信ぜさせ給ふなれ。しかるに御子もをはせず、但をやばかりなり。其中衆生悉是吾子の経文のごとくならば、教主釈尊は入道殿・尼御前の慈父ぞかし。日蓮は又御子にてあるべかりけるが、しばらく日本国の人をたすけんと中国に候か。宿善たうとく候。又蒙古国の日本にみだれ入る時はこれへ御わたりあるべし。又子息なき人なれば御としのすへには、これへとをぼしめすべし。いづくも定めなし。仏になる事こそつゐのすみかにては候へとをもひ切らせ給ふべし。恐々謹言。  卯月十二日                日  蓮 花押 こうの入道殿御返事 あまのりのかみぶくろ二、わかめ十でう、こものかみぶくろ一、 たこひとかしら。

RSS 宝日記

  • 唱題行 2024年6月19日
    朝婦人部主体の唱題行に参加、参加後YouTubeので信心の参考になる動画を拝聴した。わかりやすかったとの感想で […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

395335
Users Today : 699
Users Yesterday : 984
This Month : 17639
Who's Online : 40
Your IP Address : 34.239.151.124
Server Time : 2024-06-21