立正安国論奥書 (立正安国論奥書)

御書1

立正安国論奥書 (立正安国論奥書)
文永六年一二月八日 四八歳  文応元年太歳庚申之を勘ふ。正嘉に之を始めてより文応元年に勘へ畢んぬ。  去ぬる正嘉元年太歳丁巳八月二十三日戌亥の剋の大地震を見て之を勘ふ。  其の後文応元年太歳庚申七月十六日を以て、宿谷禅門に付して故最明寺入道殿に奉れり。其の後文永元年太歳甲子七月五日大明星の時、弥々此の災の根源を知る。文応元年太歳庚申より文永五年太歳戊辰後正月十八日に至るまで九箇年を経て、西方大蒙古国より我が朝を襲ふべきの由牒状之を渡す。又同六年重ねて牒状之を渡す。既に勘文之に叶ふ。之に準じて之を思ふに未来も亦然るべきか。此の書は徴有る文なり。是偏に日蓮の力に非ず、法華経の 真文の感応の致す所か。  
文永六年太歳己巳十二月八日之を写す