ホーム » 御書 » 御書1 » 富木殿御書

富木殿御書

御書1

富木殿御書 文永十一年五月十七日  五三歳

けかち申すばかりなし。
米一合もうらず。
がししぬべし。
此の御房たちもみなかへして但一人候べし。
このよしを御房たちにもかたらせ給へ。

十二日さかわ、十三日たけのした、十四日くるまがへし、十五日をゝみや、十六日なんぶ、十七日このところ。
いまださだまらずといえども、たいしはこの山中心中に叶ひて候へば、しばらくは候はんずらむ。

結句は一人になて日本国に流浪すべきみにて候。
又たちとゞまるみならばげざんに入り候べし。
恐々謹言。
  十七日 日  蓮 花押
 と き ど の

RSS 宝日記

  • 広布唱題行の日 2024年3月4日
    3日は朝9時から広布唱題行に参加致しました。午後からは講員さんの家族の法要があり、参詣し、家庭訪問も兼ねて新聞 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

293278
Users Today : 556
Users Yesterday : 1092
This Month : 3819
Who's Online : 29
Your IP Address : 44.200.77.92
Server Time : 2024-03-04