南条殿御返事 (初春書)

御書3

南条殿御返事 (初春書)
建治二年一月十九日  五五歳

 はるのはじめの御つかひ、自他申しこめまいらせ候。さては給はるところのすずの物の事、もちゐ七十まい、さけひとつゝ・いもいちだ・河のりひとかみぶくろ・だいこんふたつ・やまのいも七ほん等なり。ねんごろの御心ざしはしなじなのものにあらはれ候ひぬ。

法華経の第八の巻に云はく「所願虚しからず亦現世に於て其の福報を得ん」と。又云はく「当に現世に於て現の果報を得べし」等云云。天台大師云はく「天子の一言虚しからず」と。又云はく「法王虚しからず」等云云。賢王となりぬれば、たとひ身をほろぼせどもそら事せず。いわうや釈迦如来は普明王とおはせし時は、はんぞく王のたてへ入らせ給ひき。不妄語戒を持たせ給ひしゆへなり。かり王とおはせし時は、実語少人大妄語入地獄とこそおほせありしか。いわうや法華経と申すは、仏、我と要当説真実となのらせ給ひし上、多宝仏十方の諸仏あつまらせ給ひて、日月衆星のならばせ給ふがごとくに候ひしざせきなり。法華経にそら事あるならば、なに事をか人信ずべき。かゝる御経に一華一香をも供養する人は、過去に十万億の仏を供養する人なり。又釈迦如来の末法に世のみだれたらん時、王臣万民心を一にして一人の法華経の行者をあだまん時、此の行者かんばちの少水に魚のすみ、万人にかこまれたる鹿のごとくならん時、一人ありてとぶらはん人は生身の教主釈尊を一劫が間、三業相応して供養しまいらせたらんよりなを功徳すぐるべきよし如来の金言分明なり。日は赫々たり、月は明々たり。法華経の文字はかくかくめいめいたり。めいめいかくかくたるあきらかなる鏡にかををうかべ、すめる水に月のうかべるがごとし。

しかるに亦於現世得其福報の勅宣、当於現世得現果報の鳳詔、南条の七郎次郎殿にかぎりてむなしかるべしや。日は西よりいづる世、月は地よりなる時なりとも、仏の言むなしからじとこそ定めさせ給ひしか。これをもておもふに、慈父過去の聖霊は教主釈尊の御前にわたらせ給ひ、だんなは又現世に大果報をまねかん事疑ひあるべからず。かうじんかうじん。
正月十九日 日  蓮 花押
南条殿御返事