九郎太郎殿御返事

御書4

九郎太郎殿御返事    建治二年九月十五日  五五歳

 いゑの芋一駄送り給び候。こんろん山と申す山には玉のみ有りて石なし。石ともしければ玉をもて石をかふ。ほうれいひんと申す浦には木草なし。いをもって薪をかふ。鼻に病ある者はせんだん香、用にあらず。眼なき者は明らかなる鏡なにかせん。

 此の身延の沢と申す処は甲斐国波木井の郷の内の深山なり。西には七面のがれと申すたけあり。東は天子のたけ、南は鷹取のたけ、北は身延のたけ、四山の中に深き谷あり、はこのそこのごとし。峰にははかうの猿の音かまびすし。谷にはたいかいの石多し。

 然れども、するがのいものやうに候石は一つも候はず。いものめづらしき事、くらき夜のともしびにもすぎ、かはける時の水にもすぎて候ひき。いかにめづらしからずとはあそばされて候ぞ。されば其れには多く候か。あらこひし、あらこひし。法華経・釈迦仏にゆづりまゐらせ候ひぬ。定んで仏は御志をおさめ給ふなれば御悦び候らん。霊山浄土へまゐらせ給ひたらん時御尋ねあるべし。恐々謹言。
  建治  九月十五日            日  蓮 花押
九郎太郎殿御返事