四条金吾女房御書

御書4

四条金吾女房御書  文永八年五月  五〇歳

 懐胎のよし承り候ひ畢んぬ。それについては符の事仰せ候。日蓮相承の中より撰み出だして候。能く能く信心あるべく候。たとへば秘薬なりとも、毒を入りぬれば薬の用すくなし。つるぎなれども、わるびれたる人のためには何かせん。就中、夫婦共に法華の持者なり。法華経流布あるべきたねをつぐ所の玉の子出で生まれん。目出度く覚へ候ぞ。色心二法をつぐ人なり。争でかをそなはり候べき。とくとくこそうまれ候はむずれ。

 此の薬をのませ給はゞ疑ひなかるべきなり。闇なれども灯入りぬれば明らかなり。濁水にも月入りぬればすめり。明らかなる事日月にすぎんや。浄き事蓮華にまさるべきや。法華経は日月と蓮華となり。故に妙法蓮華経と名づく。日蓮又日月と蓮華との如くなり。信心の水すまば、利生の月必ず応を垂れ守護し給ふべし。とくとくうまれ候べし。法華経に云はく「如是妙法」と。又云はく「安楽産福子」云云。口伝相承の事は此の弁公にくはしく申しふくめて候。則ち如来の使ひなるべし。返す返すも信心候べし。

 天照太神は玉をそさのをのみことにさずけて、玉の如くの子をまふけたり。然る間、日の神、我が子となづけたり。さてこそ正哉吾勝とは名づけたれ。日蓮生まるべき種をさずけて候へば、争でか我が子にをとるべき。「有一宝珠価直三千」等。「無上宝聚不求自得」「釈迦如来皆是吾子」等云云。日蓮あに此の義にかはるべきや。幸なり幸なり。めでたしめでたし。又々申すべく候。あなかしこあなかしこ。

 文永八年五月 日            日 蓮 花押
四条金吾殿女房御返事