ホーム » 御書 » 北条時宗への御状 (十一通御書)

北条時宗への御状 (十一通御書)

御書

北条時宗への御状 (十一通御書)  
                  文永五年 十 月 十一日 四七歳

 謹んで言上せしめ候。抑正月十八日西戎大蒙古国の牒状到来すと。日蓮先年諸経の要文を集め之を勘へたること立正安国論の如く少しも違はず普合しぬ。日蓮は聖人の一分に当たれり。未萌を知るが故なり。然る間重ねて此の由を驚かし奉る。急ぎ建長寺・寿福寺・極楽寺・多宝寺・浄光明寺・大仏殿等の御帰依を止めたまへ。然らずんば重ねて又四方より逼め来たるべきなり。速やかに蒙古国の人を調伏して我が国を安泰ならしめ給へ。彼を調伏せられん事、日蓮に非ざれば之協ふべからず。諫臣国に在れば則ち其の国正しく、争子家に在れば則ち其の家直し。国土の安危は政道の直否に在り、仏法の邪正は経文の明鏡に依る。

 夫此の国は神国なり。神は非礼を稟けたまはず。天神七代・地神五代の神々、其の他諸天善神等は、一乗擁護の神明なり。然法華経を以て食と為し、正直を以て力と為す。法華経に云はく「諸仏救世者は大神通に住して衆生を悦ばしめんが為の故に、無量の神力を現ず」と。一乗捨棄の国に於ては豈善神怒りを成さざらんや。仁王経に云はく「一切の聖人去る時七難必ず起こる」と。彼の呉王は伍子胥が詞を捨て吾が身を亡ぼし、桀・紂は竜・比を失ひて国位を喪ぼす。今日本国既に蒙古国に奪はれんとす。豈歎かざらんや、豈驚かざらんや。日蓮が申す事御用ひ無くんば、定めて後悔之有るべし。日蓮は法華経の御使ひなり。経に云はく「則ち如来の使ひ、如来の所遣として、如来の事を行ず」と。三世諸仏の事とは法華経なり。此の由方々へ之を驚かし奉る。一所に集めて御評議有りて御報に預かるべく候。所詮は万祈を抛ちて諸宗を御前に召し合はせ、仏法の邪正を決し給へ。澗底の長松を未だ知らざるは良匠の誤り、闇中の錦衣を未だ見ざるは愚人の失なり。三国に於て仏法の分別は殿前に在り。所謂、阿闍世・陳・隋・桓武是なり。敢へて日蓮が私曲に非ず。只偏に大忠を懐く故に、身の為に之を申さず。神の為、君の為、国の為、一切衆生の為に言上せしむる所なり。恐々謹言。

 文永五年戊辰十月十一日            日 蓮 花 押
謹上 宿屋入道殿

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 夏期講習会登山(唱題行) 2019年6月20日
    御開扉、講習会、夕勤行、夕食、と続きすぐに1時間の唱題行に入りました。この唱題行は6人の候補者で10分づつ交代 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 雨の日の富士山 2019年6月19日
    雨の日の富士山   あまり見たことがないと思います。私も初めてでした。雨の日の富士山?
    管理人
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _