ホーム » 御書 » 長楽寺への御状 (十一通御書)

長楽寺への御状 (十一通御書)

御書


長楽寺への御状 (十一通御書)
                文永 五年 十月 十一日  四七歳

蒙古国調伏の事に就いて、方々へ披露せしめ候ひ畢んぬ。既に日蓮、立正安国論に勘へたるが如く普合せしむ。早く邪法・邪教を捨てゝ実法・実教に帰すべし。若し御用ひ無くんば今生は国を亡ぼし身を失ひ、後生には必ず那落に堕すべし。速やかに一処に集まりて談合を遂げ評議せしめ給へ。日蓮庶幾せしむる所なり。御報に依りて其の旨を存ずべく候の処なり。敢へて諸宗を蔑如するに非ず。但此の国の安泰を存ずる計りなり。恐々謹言。

 文永五年十月十一日              日 蓮 花押
謹上 長楽寺侍司御中

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • 活動 2019年5月20日
    昨日の日曜日のことですが、お寺での唱題行のあと活動に出た。新聞配布と兼ねた家庭訪問とその近くにパンフを渡すべく […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 砲台さま 2019年5月18日
    砲台さんへのお返事です。 砲台さん、瑠璃さんのお話も聞いて一日も早く日蓮正宗に入信されることをお勧め致します。 […]
    管理人
管理人にツィート(このツィッターボタンから管理人にツィートできます)⇒

カウント

Visits today: _