ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 唱題行(1月31日)の砌

唱題行(1月31日)の砌

日如上人猊下お言葉
本年一月度の唱題行最終日に当たりして、一言申し上げます。
 既に皆様方も御承知の通り、宗門は昨年、かねて御宝前にお誓い申し上げまし
た宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の誓願を見事、達成
することができました。これもひとえに、全国の法華講支部の指導教師ならびに御信徒の方々の強盛なる信心と、折伏哲願達成へ向けての弛まぬ実践の賜物と心
から感謝申し上げます。
 特に、昨年は新型コロナウイルス感染症によって、日本をはじめ世界的に様々な障害がありましたが、皆様方には一天広布を願う篤き情熱と、僧俗一致・異体同心、講中一結して万難を排し、たくましく折伏を実践して、かくの如く成果を挙げられましたことを心からうれしく思います。
 大聖人様は『法華初心成仏抄』に、
「仏になる法華経を耳にふれぬれば、是を種として必ず仏になるなり。されば天台・妙楽も此の心を以て、強ひて法華経を説くべしとは釈し給へり。警へば人の地に依りて倒れたる者の、返って地をおさへて起つが如し。地獄には堕つれども、疾く浮かんで仏になるなり。世の人何となくとも法華経に背く失に依りて、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり。何にとしても仏の種は法華経より外になきなり」
(御書一三一六)
と仰せであります。
 皆様にはこの御金言を拝し、これからもなお一層の精進をもって、いかなる困
難・障害が惹起しようが、大御本尊様への絶対の確信のもと唱題に励み、その唱題の功徳と歓喜をもって乗り越え、力強く折伏を実践され、講中一結して一天広布へ向けて、いよいよ御精進されますよう心からお願い申し上げ、はなはだ略ながら本日の挨拶といたします。

RSS 宝日記

  • 9月度広布推進会 2021年9月18日
    奈良県佛覚寺での9月度の広布推進会に参加させて頂きました。前日からの台風の来襲でどうなるかと思いましたが早朝に […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • ムムムさんへ 2021年9月16日
    新しく、この掲示板に参加されましたか。 この掲示板も見てくれている人がいるということですね。 お気軽にどうぞ。 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _