ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 5月度広布唱題会の砌

5月度広布唱題会の砌

日如上人猊下お言葉
 本日は、五月度の広布唱題会に当たり、皆様には新型コロナウイルス感染症の影響で何かと御不便ななか、信心強盛に参加され、まことに御苦労さまでございます。
 さて『聖愚問答抄』を拝しますと、
「人の心は水の器にしたがふが如く、物の性は月の波に動くに似たり。故にま汝 当座は信ずといふとも後日は必ず翻へさん。魔来たり鬼来たるとも騒乱する事なかれ。夫天魔は仏法をにくむ、外道は内道をきらふ。されば猪の金山を摺り、衆流の海に入り、薪の火を盛んになし、風の求羅をますが如くせば、あに好き事にあらずや」(御書四〇九ページ)
と仰せであります。
 そもそも人の心というものは、水の器に従うが如く、移ろいやすく、変わりやすいのであります。したがって、初めは固く決意をしていても、途中で思わぬ障魔に紛動されて、目的を達成せずに終わることがよくあります。
 まさにこの御文は、こうした障魔に誑かされず、不退転の信心を貫くように御教示あそばされているのであります。 
すなわち「猪と金山」 「衆流と海」「薪と火」 「風と求羅」の譬えを用いられて、いかなる障魔が競い起ころうとも固い決意をもって、いよいよ信心を強盛にしていくように諭されているのであります。
「猪の金山を摺り」とは、猪が金山の光っているのを見て憎み、身体をこすりつけてその輝きを消そうとしますが、身体をこすりつければつけるほど、かえっ金山は輝きを増すように。 「衆流の海に入り」とは、多くの川の水の如き大難が、海の如き法華経の行者に競い起こるように。 「薪の火を盛んになし」とは、火に薪を加えることによって火の勢いがますます盛んになるように。「風の求羅をます」とは、迦羅求羅という虫は身体は微細でありますが、ひとたび風を得れば、その身体は大きくなると言われているように、障魔が競い起きることが、かえって信心を高めていく機縁になると仰せられているのであります。
 されば『四条金吾殿御返事』には、
「法華経の行者は火とぐらとの如し。薪と風とは大難の如し。法華経の行者は久遠長寿の如来なり。修行の枝をきられまげられん事疑ひなかるべし。此より後は『此経難持』の四字を暫時もわすれず案じ給ふべし」(同七七六ページ)
仰せられているのであります。
 すなわち、法華経の行者は、信心が進めば様々な難に値うことは必定であります。しかし、障魔が競い起こることによって、かえって信心を強盛にしていく絶好の転機になると仰せられているのであります。
 つまり、たとえいかに不退転の決意を固めていても、いざ現実に障魔が競い起これば、動転して驚き慌てる人が多いのであり、それを乗りきるためには強盛な信心を貫き通す以外にないことを、先程の四つの譬えをもって教えられているのであります。
 本年、宗門は「今こそ折伏の時」の標語のもとに、僧俗一致して前進をしておりますが、その行く手にはあらゆる障魔が競い起こることは必定であります。
 しかし、ただいまの御教示の如く、魔が 競い起きた時こそ、信心決定の絶好の機会と捉え、一人ひとりが妙法受持の大功徳を確信して、決然と魔と対決し、粉砕していくことが大事であります。
 所詮、いかなるも仏様には絶対に勝てないのでありますから、大御本尊様への絶対信をもって、いよいよ信心強盛に唱題に励み、折伏を行じ、御宝前にお誓い申し上げました本年度の折伏誓願を必
ず達成されますよう心からお祈り申し上げ、本日の挨拶と致します。

RSS 宝日記

  • 広布唱題行と活動の日 2022年12月4日
    午前中、恒例の広布唱題行。今年最後の広布唱題行となった。午後からは活動。二人が気持ちよく同行に応じてくれた。そ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 管理人様 はじめまして 2022年9月30日
    武士道侍様 はじめまして、掲示板へのとうこうありがとうございます。 「蘭室之友という御書や富士宗学要集をまとめ […]

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0843288
Visit Today : 365
Visit Yesterday : 845