ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 8月度広布唱題会の砌

8月度広布唱題会の砌

 日如上人猊下お言葉
 本日は、八月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には新型コロナウイルス感染症の全国的蔓延によって何かと御不便のなか、信心強盛に参加され、まことに御苦労さまでございます。
 本年「報恩躍進の年」も既に八月に入りましたが、皆様には日夜、折伏誓願達成へ向けて御精進のことと存じます。
 さて『聖愚問答抄』を拝しますと、
「人の心は水の器にしたがふが如く、物の性は月の波に動くに似たり。故に汝当座は信ずといふとも後日は必ず翻へさん。魔来たり鬼来たるとも騒乱する事なかれ」(御書 四〇九ページ)
と仰せであります。
 すなわち、たとえ不退転の決意をもってことに当たるも、「人の心は水の器にしたがふが如く、物の性は月の波に動くに似たり」と厳しく御指摘されているように、移りやすきは人の心であります。
 何事もない平穏な時には悠然としていても、いざ現実に難が競い起こり、障魔が蠢動すれば、驚き慌てるのが人の常であります。
 しかし、大聖人は「魔来たり鬼来たるとも騒乱する事なかれ」と仰せられし、むしろ魔が競い起きた時こそ、信心決定の絶好のチャンスと捉え、臆することなく泰然として対処するよう注意を喚起あそばされているのであります。
 されば『椎地四郎殿御書』には、
「大難来たりなば強盛の信心弥々悦びをなすべし。火に薪をくわへんにさかんなる事なかるべしや。 大海へ衆流入る、されども大海は河の水を返す事ありや。 法華大海の行者に諸河の水は大難の如く入れども、かへす事とがむる事なし。 諸河の水入る事なくば大海あるべからず。 大難なくば法華経の行者にはあらじ」(同一五五五ページ)
と仰せられ、たとえいかなる大難い起きようが、はたまた障魔が蠢動しうが、かくなる時こそ、一生成仏の絶好のチャンスと捉え、なお一層、強盛な信心に励んでいくところ、必ず解決の道が開かれてくると御指南れているのであります。
 されば、私どもはこの御言を拝改めて妙法信受の広大無辺なる功徳を拝信し、講中一結・異体同心の団結もって破邪顕正の折伏を行じ、もって誓願達成に向けて勇躍前進していくとが、今、最も大事であると知るべきであります。
 特に、今日の騒然とした世相を見る時に、私どもは邪義邪宗の害毒によって塗炭の苦しみに喘ぐ多くの人々に、一日も早く一切衆生救済の秘法たる妙法を下種し、折伏を行じていかなければならないと思います。
 皆様方には、是非とも本年度後半の戦いに向けて、全支部が講中一緒、心を一つにして折伏を遂行し、誓願を必ず達成されますよう心から念じ、本日の挨拶といたします。

RSS 宝日記

  • エホバが来る 2022年11月27日
    久しぶりにエホバの信者が訪問に現れた。このコロナ禍の中、よく頑張っていると思わず、尊敬してしまった。パンフレッ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: 管理人様 はじめまして 2022年9月30日
    武士道侍様 はじめまして、掲示板へのとうこうありがとうございます。 「蘭室之友という御書や富士宗学要集をまとめ […]

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0838240
Visit Today : 219
Visit Yesterday : 570