ホーム » 日如上人猊下お言葉 » 4月度広布唱題会の砌

4月度広布唱題会の砌

 日如上人猊下お言葉
本日は、総本山における広布唱題会に当たり、皆様には諸事御繁忙のところ御出席され、まことに御苦労さまです。
 さて、大聖人様は『法華初心成仏抄』に、
「一度妙法蓮華経と唱ふれば、一切の仏・一切の法・一切の菩薩・一切の声聞・一切の梵王・帝釈・閻魔法王・日月・星・天神・地神・乃至地獄・餓鬼・畜生・修羅・人天・一切衆生の心中の仏性を唯一音に喚び顕はし奉る功徳無量無辺なり」(御書 一三二〇ページ)
と仰せられています。
 まさに唱題こそ、一切の仏、一切の法、一切の菩薩をはじめ九法界の衆生など、一切衆生の心中の仏性を「唯一音」によって喚び顕す、計り知れない功徳を存しており、その仏性喚起の功徳はまことに大きく無量無辺であります。よって、この広大無辺なる功徳と歓喜をもって折伏を行ずれば、折伏に当たって必要なあらゆる力が具わり、いかなる困難も障害も乗り越え、誓願を達成することができるのであります。
 例えば、唱題の功徳によって、折伏に対する強い意欲と仏様の使いとしての自覚と使命が喚起され、苦悩に喘ぐ人を一人でも多く折伏せずにはいられないという強い一念が湧いてくるのであります。
 また、いかなる悪口罵詈、批判、中傷などに対しても一切動揺せず、柔和忍辱の衣を着て、慈悲の心を持って相手を折伏することができるのであります。そして、一切の執着に執らわれず、不自惜身命の断固たる決意をもって折伏を実践することができます。さらに、いかなる人に対しましても畏れることなく、相手に応じて自在に法を説くことができます。
 かくの如く、たとえ我が身は末法本未有善の荒凡夫であっても、至心に南無妙法蓮華経と唱え奉れば、無限大の功徳と力が身にわってくるのであります。
 故に、大聖人様は『聖愚問答抄』に、
「此の妙法蓮華経を信仰し奉る一行がに、功徳として来たらざる事なく、善根として動かざる事なし」(同四〇八ページ)
と仰せられているのであります。
 されば、私ども一人ひとりがこの御金言を拝し、大御本尊様への絶対信のもとに、一心に唱題に励み、破邪顕正の折伏に励むところに、自らの功徳と他の功徳を具え、自他共の成仏をすることができるのであります。
 どうぞ皆様には、いよいよ唱題に励み、その、功徳と歓喜をもって折伏に打って出て、本年度すべての支部が必ず折伏誓願を達成し、もっ広大なる仏祖三宝尊の御恩徳にお応えくださよう心からお祈り申し上げ、簡単ではありまが本日の挨拶といたします。
(大白法令和6年4月16日号より転載)

RSS 宝日記

  • 蚊の季節 2024年5月30日
    気のせいか今年は例年より蚊が多いように思う。御書に「螻蟻蚊虻などの小虫を殺せる者も懺悔しなければ必ず地獄に堕つ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

376692
Users Today : 675
Users Yesterday : 718
This Month : 27895
Who's Online : 10
Your IP Address : 3.238.112.198
Server Time : 2024-05-30