Home » 仏教説話 » 薄拘羅尊者の供養の功徳

薄拘羅尊者の供養の功徳

仏教説話

薄拘羅尊者の供養の功徳

毘婆尸仏(びばしぶつ)の時、頭痛を患っている比丘がいた。薄拘羅(はくくら)尊者は、この貧しい比丘のために菓子を施すと、比丘の病(やまい)はたちまちに癒(い)えた。

 菓子を与えた功徳により九十一劫の間、天上界と人界に生を受け、福々しく快楽な日を送った。その上、病に苦しめられたことは一度もなかった。最後には婆羅門(カーストの最高の者)の家に生まれた。けれども、母は早く亡くなり、父は後妻をもらった。

 尊者が幼少の時分、母の作る餅を見て欲しがると、母は憎嫉して尊者を捕(つか)まえ、やきなべの上に投げた。鍋は焦熱していたが、尊者を焼害することはできなかった。

 ある日、母が肉を煮ていたので肉を欲しがると、母はますます瞋恚(しんに)を起こし、釜の中に投げ入れた。けれども煮ることはできなかった。

 またある日、母は尊者を水中に放り投げた。すると大魚が丸ごと飲み込んだ。魚は漁夫に捕まり、市(いち)に出回った。父がたまたま、その魚を買い取り、家に持ち帰って料理のために腹を裂くと尊者が出てきたが、なお生きていた。

「願わくば、父よ、安祥として私を傷つけないでください」

と言った。父は我が子を見て喜びのあまり抱き上げた。

 やがて成年となり、出家して聖者の位を得た。やきなべにも焦げず、釜で煮ても爛(ただ)れず、水にも溺れず漂わず、魚に飲まれても死なず、刀で裂かれても傷つかずであった。

 年が百六十歳になっても病がないのは、尊者が前に病気の僧に菓子を供養したことによるのである。

 これは「法蔵経」に説かれていて、『大蔵一覧』に引用されている。僧への供養の尊さを説いたものである。

(歴代法主全書八巻)

(高橋粛道)

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _