Home » 仏教説話 » 優婆塞が虫と生まれる

優婆塞が虫と生まれる

仏教説話

優婆塞が虫と生まれる

天竺(インド)に仏教を信じる優婆塞がいて五戒を持ち、精進して善根を積んでいたが、病に倒れ自分自身非常に困惑していた。妻も看病しつつ「わが夫がもし亡くなったら私はこの先どうして生きていったらいいだろか、子供も少しも私の支えにならないし」と悲嘆にくれていた。夫も「われが死んだら妻はどうなるのだろうか、一人で元気に生きていけるだろうか」と妻への執着心が残った。命がまさに尽きんとした時、この妄念により夫は死して妻の鼻の中に虫として生まれた。婦人は死を悼んで哭きやまなかった。

 時に聖者がいて彼の家の前を通りかかり、ふと婦人を見ると虫が鼻より出た。婦人は虫をつまんで捨てて踏み殺そうとすると聖者は制して「その虫は汝が亡ぜる夫である。殺すなかれ」と言った。妻は「そんなはずはありません。私の夫は仏教を信じ持戒し善根を積んでいたのです。どうしてこれが夫だというのですか」と。すると聖者は女を諭し「日頃の持戒の徳からして天に生まれるべきであるが、最後の臨終に妄念が強く現れたために畜類に生まれたのだ」と説明した。

 そして聖者は虫のために説法してあげたら虫は命終して天に生まれたのである。

 これは経律異相に説かれていて、日寛上人は臨終に執着を断つことを教えられたのである。

(歴代法主全書八巻)

(高橋府道)

RSS ブログ

  • 今年は「災」 2018年12月14日
    師走も中盤となった。やや寒くなって今冬が暖冬になるかどうかは、まだわからない感じがする。今年の文字は「災」とのこと。確かに、和歌山県は大きな台風が3回も来て、停電やら雨漏りやらで初めて経験するような災難だった。まだ地震もあるので油断はできない。とにかく折伏...
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 信心できる福徳 2018年12月6日
    Facebookでいいお話を見つけましたのでお知らせ致します。 ↓ 皆様お早うございます。今日も幸せな良い日であることを心よりお祈り申し上げます。 今日の掲載文     12月1日 百千万億倍の功徳  『四信五品抄』(新編一一一五)  問ふ、汝が弟子一分の解無くして但一口に南無妙法蓮華経と称する其の位如何。答ふ、此の人は但四味三教の極位並びに爾前の円人に超過するのみに非ず、将又真言等の諸宗の元祖・ 畏・厳・恩・蔵・宣・摩・導等に勝出すること百千万億倍なり。請ふ、国中の諸人我が末弟等を軽んずること勿れ。進んで…

ページ管理人

桐本昌吾  法華講宝相寺支部所属、人生の悩みなど、正しい信心によって乗り越えていきませんか。お気軽にお問い合わせください。

カウント

Visits today: _