ホーム » 創価学会 » Q&A 創価学会員の言い分に答える » Q19.「世界広布新時代なので、過去の指導は関係ない」

Q19.「世界広布新時代なので、過去の指導は関係ない」


 Q&A 創価学会員の言い分に答える
 A.日蓮大聖人の仏法において、本門戒壇の大御本尊を根本とすることは、いかなる時代であっても不変の鉄則です。
 創価学会も、過去八十数年にわたって、会員に対し、本門戒壇の大御本尊への信仰を深めるよう指導してきました。
 ところが今回、創価学会は「新時代」などの手前勝手な口実で、全部反故にするというのです。
 これはまさしく、仏法の上から見れば虚誕罪(いつわりの罪)に当たり、世間的には「ウソツキ」と言われるのです。
 たとえば、ある人が長年約束してきたことを、「新時代に入ったから」という理由で、突然「今までの約束は全部なかったことにする」と言うならば、その一事で周囲の信頼を失うでしょう。それは場合によっては、犯罪にもなります。
 あなたの言い分は、それと同じです。

RSS 宝日記

  • 広布唱題行の日 2021年12月5日
    朝九時からお寺での広布唱題行に参加させて頂きました。コロナも2年目になって参加者も増えてきたようにも思う。午後 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 魂の学び 2021年10月16日
    >キリスト教もイスラム教も同じ神を信じていますので、キリスト教とイスラム教の争いは>神の争いではなく、これはユ […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _