ホーム » 所作仏事(本宗化儀の理解のために) » 戒名・位牌・葬儀後の回向

戒名・位牌・葬儀後の回向

所作仏事(本宗化儀の理解のために)
 戒 名
  ○戒名の意味=戒名は死後の名前の如く理解されているようですが、
   本来は授戒を受けて、仏門に帰依した時に授けられるものです。
   即ち当宗にあっては三大秘法の仏法に帰依して、大聖人様の弟子
   となったという意味で、戒名が授けられるのです。この意味から
   すれば、御授戒を受けた時に戒名も授与されるべきでしょうが、
   今日では葬儀に当たってはじめて授けられるということは、それ
   だけ入信してから臨終に至るまでの、仏道精進が大事であるとい
   う意味に、理解して頂きたいものです。その現れとして、他宗に
   あっては、布施供養の多寡によって戒名の種類が決められるよう
   ですが、当宗はあくまでも当人の生前の信心を尊んで、授けられ
   るものです。以上の意味をふまえ、家族・親族の方が以後、故人
   の追善供養を修する時には、必ず授与された戒名をもって行って
   下さい。
  ○生前に戒名を授ける場合=身よりの無い方・身内で他に信心を
   している者がない方の場合、生前のうちに正宗の葬儀を寺院に願
   い出られる場合もあります。その様な時には、あらかじめ戒名を
   授けることがあります。
 位 牌
  ○位牌の意味=世間一般の位牌は、中国の儒教から起こったもので、
   葬式の時死者の世間的栄誉を表わすため、官位・姓名を書いたも
   のが、後に仏教に取り入れられたということです。
   即ち「位」とは官位の意味であった、霊位の位(魂のよりしろ)
   の意味ではありません。
   また「牌」は「籍」であって、ふだ(札・牒)の意味であります。
   つまり葬列の先頭を捧げ歩き、こういう位階・こういう姓名の人
   の葬式であると、人々に知らせる為の札であったのです。
   従って今日一般に考えられている如く、位牌に死者の魂が宿って
   いるのでもないし、礼拝する対象ともなりません。あくまでも、
   故人の生前の徳や地位を印し残したのが位牌でありました。
   日有上人はこれ等を
   「神座立てざる事」(富要一巻93頁)
   と退けられ、
   「只当宗は事の位牌を本と為す故に別に位牌を立てざるなり、事
   の位牌とは本尊の示書是れなり」(富要二巻153頁)
   と教示されましたが、当宗で現在立てる位牌も、この「事の位牌」
   の意義をもって、仮に立てられているのです。
  ○葬儀後の位牌の扱い=当宗の教えからすれば、死者の霊魂も一念
   三千の御本尊様の体内に収まっているのです。
   そのことを『千日尼御返事』(御書1475頁)に、
   「故阿仏房の聖霊は今いずくにかをはすらんと人は疑ふとも
   (乃至)多宝仏の宝塔の内に、東向きにをはすと日蓮は見まい
   らせて候」
   と仰せです。
   故に、我々は御本尊様を拝することによって、その功徳も精霊に
   回向されるのであり、御本尊様を中心に、故人の追善供養を修し
   ていくべきなのです。よって当宗では四十九日忌を終れば、位牌
   は寺院に納め、戒名は過去帳に記載して、世間で行われるように
   仏壇に祀ることはしません。
 葬儀後の回向
  ○初七日より七七日忌までは七日ごとに塔婆を建立して、追善供養
   を修します。特に初七日忌と五七日忌(三十五日)または七七日
   忌(四十九日)には、遠い親族も集まり、納骨をする場合が多い
   ようですので、予め寺院に法事の願い出をしておくことがよい
   でしょう。
  ○二七日忌より六七日忌までは、寺院に参詣して、塔婆供養を願い
   出ると良いでしょう。
  ○以後の法事は百箇日忌・一周忌・三回忌・七回忌等々です。

RSS 宝日記

  • 広布唱題行の日 2022年8月7日
    今日は第一日曜日の広布唱題行の日。唱題後お寺に庭の草刈りが行われた。私は、午後からご住職のお供で初盆のお参りと […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: はじめまして 2022年7月4日
    はじめまして、管理人以外の初投稿です。 よろしくお願いします(^^♪

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _