新年折伏

Published by:

昨日御登山から帰り本日は寺院参詣後、ごく親しい創価学会宅へ今日お寺で頂いたお餅を持って新年の挨拶を兼ねて訪問。
「明けましておめでとう」で入っていけます。
新年早々は周り辛いなぁというのが本音ですが今年は頑張ります!
次は親父と普段は私とは親交のない親戚宅へ。
とにかく折伏の気持ちを年の始めとして一年中持ち続けていたい!

年末大掃除と門松作り

Published by:

29日は年末の菩提寺の大掃除と新春の門松作りをしました。
講員さんたちが大勢集まり、それぞれの持ち場を掃除させていただいた。
また、門松作りも材料の準備から作成まで順調にすすんだ。
午後からは、年末の忙しい時ではあるが活動に励んだ。
元議員さん宅にも初めて伺ったが、息子さんは既に創価学会の活動から
離れているようでした。
そうかといってお寺にもつかずということです。
WBSの報道も見たとのことであった。
是非とも正法に目覚めていただきたいものだ。
年内いっぱいまで時間を見つけては折伏に励みたい。

古い話ではありますが・・

Published by:

破門後の創価学会の攻撃は激しいものがあったように思う。
平和と文化の団体とは名ばかりで、実際は撲滅を祈っていたのではないだろうか。
最近では世間の批判もあって少なくなったように思えるが根っこにはそういうものを
植え付けて平気なところがある。
かつては「子供にのに読ませられない聖教新聞」という週刊誌の記事だったと思うがみたことがある、

聖教新聞の寸鉄には
不燃物のゴミ法主、日顕カルト、拝金日顕、畜生日顕、ガキ日顕、ダニの山友、ハエの竹入、インチキ日顕、ケモノ山友、愚劣日顕、蛇の目日顕、惨敗人生、クズ日顕、不当法主、閉ざされ日顕、エセ法主、欲ボケ脱魂老人、毒マムシ法主、狂乱法主、無能日顕、ケダモノ邪法主、暗黒死刑囚、汚辱の日顕、狂乱法主、ニセモノ日顕、ひび割れ日顕、馬鹿日顕、奪命日顕、老いぼれ野犬、ゼイタク日顕、ゴロゴロ地獄日顕、欲ボケ日顕、自爆日顕、ふさがり日顕、閉死にかけた毒蛇、地獄のダラダラ蛇、もののけ日顕、地獄へ直滑降、徘徊ゲス法主、、、、、
野垂れ死にするまで責めぬけ・・・などなど
書かれていたそうである。汚いことばで狂気の沙汰としかいいようがない。

「日顕宗」などとありもしない名前をつくって会員の憎悪を煽っていたのである。
正々堂々、法門で勝負できないから仕方がないのだが。
「法門をもって邪正を糺明すべし。利根と通力によるべからず」
国土の災難や奇怪な事件があとをたたないのもむりはない。
一日も早く謗法をやめさせなければならない。

創価学会チラシ

Published by:

久々に創価学会からのチラシがポストに投函されていた。
もしかしたら私の活動が効いたのだろうか?

しかして、まだまだ修行は足りているとはいえない。
もっと頑張らねばなりません。

チラシの内容はというと、なんと!もう何年も前の創価新報ネタではないか・・
もうそんな内容しかないのではなかろうか。
折伏とはまったく違い日蓮正宗や法華講のあら探し的な内容である。
大聖人様の教えを広宣流布しているとうのであれば、教義の破折をするべきであろうがそれができない。
できないはずである。日蓮正宗は創価学会が破門される前と全くかわっておらず、それを否定するとなれば創価学会の過去を否定することになり大きな矛盾が生じる。
たとえば平成26年11月8日の聖教新聞である。
「弘安2年の御本尊は受持の対象には致しません。」と宣言してしまったのだ。
その昔、大変な思いをして御登山してきたのは間違いだったのならば、そのように指導したことに謝罪しなければならない。
また、その前の文に「謗法の地にある・・・」とあるが、どこがどう謗法なのかが示されていない。
まことにもって欺瞞も甚だしい。
自分自身で考えることを失った創価学会員はそんなことで簡単に騙されていく。
怖いことに御本仏、日蓮大聖人様に背き、正法伝持の三宝に背くという大謗法をさせているのである。
罪障の重きことに気づくべきである。

新興宗教と化した創価学会

Published by:

大晦日も近づきあわただしくなってきました。
聖教新聞の記事をみると、法華経など勝手に解釈してもはや新興宗教と化してしまった創価学会。
それでも、ついていく創価学会員。
WBSの番組で放送されたときに、今の創価学会に不満を持つある創価学会員が「洗脳されて、自分の頭で考えられなくなっている」というようなことを言っていた場面があった。
まさに、その通りであると思う。
一部の創価学会員でもそのことを悟りつつある。
未だに何を持って行っても読もうともしない情報操作の創価学会に気が付いてほしいものです。
私たちは、聖教新聞も創価新報もくれるならば読まないことはない。
逆に折伏の種として使えるのだ。

活動の日

Published by:

年末近くになりましたが23日24日と休みが取れたので活動に回ることができた。
来年の用意もあってその分、ブログの更新も遅くなってしまった。
創価学会を折伏に回ると必ず「創価学会は大聖人様の教えを広宣流布している団体だ」と
言われることがある。
確かに数は多いかもしれないが、明らかにその数を減らしつつあるようだ。
テレビやyou tubeの動画にもあったように内部に異変が起こっている。
公明党も議席を減らしただけではなく、得票数も減っているとのこと。
公称800万とも言われる信徒をかかえておれば1,000万票は超えそうなのだが700万票を
割り込んだととの記事もあった。
内部のごたごたを知っている創価学会員も回っていていることも確認できた。
一日も早く正しい法に目覚めてほしいものだ。

創価学会700万票割れ

折伏の話

Published by:

他の地方部の講頭さんから電話があった。
もう誓願は達成できたとのこと。
そちらの方は、どうですか?
とのことでいろいろと折伏の話で盛り上がった。

ページの方はパンフレットのページに「三宝破壊の創価学会では、成仏できません!」と一般向けに「信仰のすすめ」をアップしました。
三宝破壊!こわいものです!

「三宝破壊の創価学会では、成仏できません!」

「信仰のすすめ」

ツィッター

Published by:

ツィッターがいっぱいでもうフォローが出来ない状態。
一応5,000フォローが限界なようです。
それからは、フォロワーが増えていけばフォローができるようになるとのこと。
詳しくは、わかりませんが思えば2009年6月にツィッターに登録して何もわからないままに来ましたが気が付けば4,000ほどのフォロワーになっていました。
法華講員のツィッターさんも多く、いろいろな情報が上がってきたりもします。
今日は、何故か当サイトへの訪問者が多いようです。
何か、お役に立てるものがあればと思っています。
年末に向けてのスピードが上がっているように思う。