ホーム » 日記 » Q10 「学会が大御本尊への信仰を捨てるはずがない」

Q10 「学会が大御本尊への信仰を捨てるはずがない」

n


 Q&A 創価学会員の言い分に答える
 A.そのように言うあなたは、創価学会が戒壇の大御本尊を根本として進んできた教団であると信じ、あなた自身も大御本尊を人生の根本として信仰に励んできたのだと思います。しかし残念ながら、今回創価学会が過去八十数年間、信仰の対象としてきた大御本尊を放棄する旨を公表したことは事実なのです。
あなたは、この現実を冷静に受け止めて、今後の信仰のあり方を考えたらよいでしょう。

n

RSS 宝日記

  • 土日の活動 2023年1月29日
    土日ではあるが、いつもの活動家が都合で動けないため一人でで活動。旧友と喫茶で会って、他の旧友情報を聞いてみて1 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • 寒中見舞い 2023年1月29日
    寒中お見舞い申し上げます。 寒さ厳しい折柄、お体にお気を付けください。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

アクセス

0891604
Visit Today : 863
Visit Yesterday : 767