三十五、文底の成道の相

日顕上人猊下御指南

 本門の題目の利益はヽ仏法と世法のI切にわたるが、大聖人の御書では当然、仏法乃至、仏法上の表現による指南が多く拝される・衆生には、迷いの元となる煩悩、また、それによって行う諸々の作業とヽその業の報いによる種々の苦悩がある。いわゆる煩悩・業・苦の三道
で、これが衆生の三世にわたる迷妄の姿である。
しかるに、邪宗の方便教を捨てて御本尊を信じ題目を唱える功徳によりヽ煩悩は般若の智慧と転じ、業は解脱の身としての清浄な相と  転じ、苦は法身の徳によって智慧と転じ、これら迷妄苦悩の境界より免れると示される。 
さらに、境智冥合の深義では、末法出現の本因妙の教主日蓮大聖人は無作の応身・法身・報身の三身を具え給う、凡夫即極の無作三身であらせられる。我らが人法体一の御本尊に題目を唱え奉るとき、因果一如の妙因妙果の故に、我々の身が妙法信受の力用により日蓮大聖人と顕れる。また、本門の本尊は本地難思境智冥合、本有無作の当休蓮華の仏である。因果一如の故に、我らが妙法を信受する力用により、我らも本門の本尊、本門無作の当体蓮華仏と顕れる。これが、文底の成道の相である。