ホーム » 日顕上人猊下御指南 » 四十五、臨終の正念

四十五、臨終の正念

日顕上人猊下御指南

 信心唱題を行い、信仰生活をなす在家の方々にとって大切なことは、下種三宝に対する御報恩である。その具体的な形としては、大聖人の御指南として、僧を供養することと、未入信・邪信の者に大聖人の仏法の正義を語り、折伏を行ずることである。法門の理を知らなくとも、信心を随喜する心、有り難いという心があれば、その信仰と体験の一分を話すことは、だれでもできるのである。
 さらに、人間および生物は必ず、生・住・異・滅、生・老・病・死の法則によって死が訪れる。
その死に対して、どのように対処すればよ阿弥陀仏の世界を念ずるなど、自分で様々な工夫をするが、結局、確実な道は解らない。
しかし、常に題目を唱えている人は、その題目の境界そのものが臨終の正念である。生の時は生の遊楽、死の時は死の遊楽が開かれる。故に、真剣に唱題する人は、生・老・病・死の解決を正しく行ずるのである。

RSS 宝日記

  • 活動にでる 2021年4月9日
    久々に訪問折伏。9割は世間事の話で1割ほどは信心の話ができたと思う。悩み事はあるものの信心には踏み出せないもよ […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: ぽっくり死にたい 2021年4月10日
    あけぼのさんへのお返事です。 > 日々お年寄りと接してますと、よく「ぽっくり死にたい」という方を見かけます。 […]
    管理人

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

カウント

Visits today: _