ホーム » 日顕上人猊下御指南 » 二十八、末法流通の正体

二十八、末法流通の正体

日顕上人猊下御指南

御書中において「題目の五字・七字」という語は、ご本尊の法体を示すところと、題目という修行を示されるところがある。「観心本尊抄」の
 「但し彼は脱、 此れは種なり。彼は一品二半、此れは但題目の五字なり」(御書656ページ)
とのご教示は、その文の上からは、在世と末法の種脱の違いを判じている。また義の上からは、この題目とは末法流通の正体を示し、意の上からは観心の本尊の結成する文である。題目を実践するときは、この御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えるのである。

RSS 宝日記

  • 2月度広布推進会に参加 2024年2月18日
    昨日、17日は2月度の広布推進会が奈良県の法雲寺にて開催それ参加致しました。実質今年初の広布推進会で出陣式の意 […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • お見舞い 2024年1月9日
    震災並びに航空機事故のお見舞いを申し上げます。

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。
宝相寺支部所属。宝相寺は日蓮正宗総本山大石寺の末寺です。人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
電話でも受け付けております。
携帯090-3656-1453

278499
Users Today : 904
Users Yesterday : 1099
This Month : 28531
Who's Online : 20
Your IP Address : 44.192.20.240
Server Time : 2024-02-20