ホーム » 日如上人猊下御指南 » 仏性が仏性としての働きを示すには

仏性が仏性としての働きを示すには

日如上人猊下御指南

世人の多くは、自己の生命内に至極の仏性を内在していても、仏性のあることすら知らず、目先のことに限われて、徒に勤苦、憂悩しているのが現状であります。
つまり、苦悩と不幸を招いている原因は、一つには、己自身に成仏の可能性を秘めた仏性が内在していることを知らずにいることであります。
但し、仏性はその存在を覚知しただけでは、仏性としての働きを示さず、正しい教法、すなわち末法の御木仏大聖人の仏法に縁してこそ、仏性が仏性としての働きを示し、その人の境涯は大きく変わってくるのであります。

〔平成十九年一月号4ページ〕

アクセス

Visits today: _

管理人

和歌山県田辺市の在住、日蓮正宗法華講員です。宝相寺支部所属
人生の悩みなど正しい仏法で乗り越えていきましょう。
お問い合わせは、ホームページのメールフォームから
携帯電話は090-3656-1453

RSS ブログ

  • お彼岸会 2019年3月21日
    彼岸の中日ということで、お寺でのお彼岸会に参詣した。雨のぱらつく中では、ありましたが大勢の参詣者でした。やはり […]
    kirimoto3

RSS 掲示板

  • Re: Re砲台さま 2019年3月22日
    管理人さんへのお返事です。 > 初めまして砲台さま > > >投稿の瑠璃さんとはアメブロの瑠璃さんのことですか […]
    砲台